みんなで生き生き活力創造都市

千歳市
City of Chitose

北海道千歳市公式ホームページ
- City of Chitose

サイトマップ
ホーム記事洪水・土砂災害ハザードマップ【暫定版】

洪水・土砂災害ハザードマップ【暫定版】

 

 

洪水・土砂災害ハザードマップ【暫定版】

 

  千歳市にある千歳川などを管理する国及び北海道が、これまで想定していた100年に1度程度の大雨から、1000年に1度程度の大雨を想定した洪水浸水想定区域図等の見直しを行い公表したことを受け、市は現行の洪水ハザードマップを見直し、土砂災害情報も含めた「洪水・土砂災害ハザードマップ(暫定版)」を新たに作成いたしました。

 大雨等が予想されるときに取るべき行動を普段からご家族や地域で話し合っておきましょう。

 なお、ハザードマップ(暫定版)につきましては、本年10月に開催予定の千歳市防災会議にて決定したのち、新たな「千歳市防災ハンドブック」に掲載し、12月中に全戸配布をする予定です。

 

現行の洪水ハザードマップからの主な変更点

 ⑴ 家屋倒壊等氾濫想定区域が新しく示されました

 大雨による河岸侵食や氾濫流により家屋倒壊等の恐れがある区域を示す「家屋倒壊等氾濫想定区域」が追加されました。

 ・河岸侵食…洪水の際に地面が削られるおそれがある区域

 ・氾濫流…流速が速く、木造住宅が倒壊するおそれがある区域

 

 浸水深(浸水する深さ)が浅い場所や浸水している時間が短いと考えられる場所では、身を守る方法として、家屋内の高い場所に避難する「垂直避難」を行うことが考えられます。

 しかし、氾濫水の流れの力が強く家屋が倒壊する危険があるところや、河川の流れにより土地が侵食され流失する危険があるところでは、垂直避難ではなく、安全な場所への立ち退き避難が必要となる場合があります。垂直避難の適否の判断に活用してください。

 

 

 ⑵土砂災害情報を含めたマップとしました

 大雨時には洪水や土砂災害など複合的な災害の発生が想定されるため、北海道が指定している土砂災害(特別)警戒区域を併せて掲載しています。

 

 

 「家屋倒壊等氾濫想定区域」が追加されたことなどにより、想定避難者数に変更が生じたことから、指定避難所などの一部見直しを行っています。

 災害発生時及び災害が発生する可能性が迫っているときは、避難経路や避難場所等の確認が難しくなります。日頃からご家族、地域の方々と相談し、安全に避難ができるように準備をしておきましょう。

 

 

洪水・土砂災害ハザードマップ(全域図).pdf (PDF 281KB)

洪水・土砂災害ハザードマップ1.pdf (PDF 8MB)

洪水・土砂災害ハザードマップ2.pdf (PDF 7.22MB)

洪水・土砂災害ハザードマップ3.pdf (PDF 8.12MB)

 

 

 

このページに掲載されている情報の担当部署・お問い合わせ先

カテゴリー