トップ市民向け教育・文化千歳で最も古い遺跡

千歳で最も古い遺跡

2万年前、地球は年平均気温が今より8度も低く、氷が厚く発達し、海水が少なくなることで海岸線は約100メートルも低い現在の海底にありました。この海岸線を結ぶと間宮海峡、宗谷海峡は橋のような陸地になります。ここをわたってシベリアからマンモスやオオツノジカ、ヘラジカなどが北海道にわたり、やがて動物を追って人間もやってきました。このころ、千歳は噴火を続けた支笏火山(今の支笏湖の位置にあった)が静かになり、初めて人間が生活できる舞台になりました。彼らは千歳で最古の石器を日の出丘の祝梅下層遺跡、柏台の柏台1遺跡、中央の丸子山遺跡に残しました。これらの遺跡は 、火山灰が風によって二次的に堆積した古砂丘の上にのこされました。

 

写真をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます

 

丸子山遺跡があった古砂丘写真

丸子山遺跡があった古砂丘(現存していません)

 

丸子山遺跡の古砂丘の断面写真

丸子山遺跡の古砂丘の断面

 

丸子山遺跡から出土した千歳市最古の旧石器(1)の写真

丸子山遺跡から出土した千歳市最古の旧石器(1)

 

丸子山遺跡から出土した千歳市最古の旧石器(2)の写真

丸子山遺跡から出土した千歳市最古の旧石器(2)

 

見学

 出土した石器の一部を千歳市埋蔵文化財センターに展示しています。

公開日: