トップ市民向け水道・下水道水道・下水道経営情報千歳市水道事業経営計画

千歳市水道事業経営計画

水道事業経営計画策定に当たって

1  策定の趣旨
 千歳市の水道事業は、昭和30年の給水開始以降、急激な人口の増加や企業などの大口需要家の進出などによる水需要の増加に対応するため、これまで6期に及ぶ拡張事業を実施し、60年以上にわたり安全で安定的な水道水の供給を行ってきました。
 しかしながら、近年の水道事業を取り巻く環境は大変厳しく、資源循環型社会が定着してきたことによる節水意識の高まりや人口減少社会の到来、ライフスタイルの多様化や大口需要家の地下水利用などが全国的に課題となっており水需要が減少傾向にあります。
 千歳市においては、人口が依然として増加傾向にあるものの、水道事業を取り巻く環境は同様に厳しく、料金収入の大幅な伸びが期待できない状況にある中、石狩東部広域水道企業団拡張事業(千歳川系)からの受水開始に伴う費用負担の増加、豪雨災害や大地震などの大規模な自然災害などへの対応、老朽化が進んでいる水道施設の更新などの問題に対処していくことが必要となっています。
 こうした背景のもと、千歳市の水道事業においても将来求められる課題に取り組み、安全でおいしい水道水を供給し続けるため、平成25年3月に厚生労働省が示した「新水道ビジョン」を踏まえ、平成28年6月に10年間の施策目標を定めた、「千歳市水道ビジョン」を策定しています。
 また、総務省では、独立採算制を基本原則とする公営企業に対して将来にわたって安定的に事業を継続していくための中長期的な経営の基本計画である「経営戦略」の策定を求めています。
 このことから、本市の水道事業における中長期的な経営の基本計画である『千歳市水道事業経営計画』を策定し、公営企業として水道サービスの安定的、かつ、継続的な提供の実現を目指します。

 

2  位置付け
 本市のまちづくりの最上位計画である「第7期総合計画」のもと、今後10年間の事業運営の方針と、投資試算・財源試算を示す経営の基本計画とします。
 また、「公営企業の経営に当たっての留意事項について」(平成26年8月29日付け)により総務省から策定を要請された「経営戦略」と位置付けます。

 

3  計画期間
 令和4年度から令和13年度までの10年間とします。

 

水道事業経営計画.pdf (PDF 5.58MB)

カテゴリー

公開日: