トップ記事フロン類が使用されている家電製品の処分について

フロン類が使用されている家電製品の処分について

以下の製品については、冷媒にフロン類が使用されているものがあるため、市では処理することができません

(ごみステーションやコミュニティーセンターの回収ボックスに排出することはできません。)

(千歳市環境センターに直接搬入することもできません。)

 

 ・除湿器
 ・冷風機
 ・冷水機
 ・ウォーターサーバー
 ・除湿機能付き空気清浄機など
 

  そのほか、フロン類が使用されているもので、エアコンや冷蔵庫・冷凍庫などは、家電リサイクル法対象品目になりますので、上記製品とは処分方法が異なります。

 

 家電リサイクル対象品目の処分については、こちらをご覧ください。

処分の方法について

 

 製造メーカーや販売店に引き取ってもらうか、フロン類充填回収業者にフロン類の回収を依頼してください。

 

 フロン類回収業者を確認する→(北海道のホームページにジャンプします。「第一種フロン類充填回収業者の登録簿をご確認ください。」)

 

 ※フロン類充填回収業者には、家庭用の製品の取扱いをしていない業者もありますので、必ず事前に確認してください。

 

 

フロン類使用の有無を確認する方法について

 

 製品に貼付されている銘板シール(機器の名称や形式が書いてあるシール)や取扱説明書などをご確認ください。

 

一般的にフロン類が使用されている製品には、以下のような記載が多くあります。

 ・冷媒ガス
 ・フロンガス
 ・R-12、R-134a、R-22等(Rで始まるもの)
 ・HFC-134a等
 ・HCFC-22等
 ・CFC-12等
 

(フロン使用製品の例:赤線部分をご確認ください。
除湿機 その1.jpg

除湿機 その2.jpg

 

 ※製造年によっては、フロン類が使用されていても記載のない機器もありますので、判断が難しい場合は、製造メーカーや販売店にお問い合わせください。

 

 

 

 

カテゴリー

公開日: