トップ記事建物の解体工事に伴う給水装置破損事故防止のお願いについて

建物の解体工事に伴う給水装置破損事故防止のお願いについて

近年、建物の解体工事において、給水装置(給水管等)を破損する漏水事故が相次いでいます。
解体工事の依頼者や工事関係者の皆様は、下記注意事項をご理解いただき、事故の防止にご協力願います。

 

1.建物の解体工事を施工する際には、敷地内の給水装置の有無を確認して下さい。
  千歳市水道局水道サービス課給排水係(0123-23-1707)の窓口(閲覧(無料)、複写(300円))にて

     確認することができます。※建物所有者以外の方は委任状が必要
  また、建物の解体工事に伴い、敷地内の給水装置を撤去する場合は、千歳市指定工事事業者へ

     工事の申請手続きの依頼をして下さい。

 

2.万が一、給水装置を破損させた場合は止水し、千歳市指定工事事業者へ修理を依頼し、
  その後、千歳市水道局水道整備課水道維持係(0123-24-4132)へ連絡して下さい。
  ※破損に伴う修繕工事費用は、破損した原因者の負担

 

千歳市指定給水装置工事事業者及び排水設備指定工事店の一覧

https://www.city.chitose.lg.jp/docs/siteikyuusuisoutikouzizigyousya.html

カテゴリー

公開日: