平成18年1月号

第4回千歳川光と氷のオブジェが開幕!

1月27日(金曜日)

  今年で第4回目になりますこの光と氷のオブジェは、NPO法人千歳川とまちづくりの会が主催して行われた 冬のイベントです。
  冬の千歳川を明るく憩いの場所にするため市民手作りで行われたものです。
  冬の暗かった千歳川が美しくライトアップされ、とてもいい雰囲気を作っています。
  この光と氷のオブジェで自然と多くの人が集まるようになればと期待しています。
  私も甘酒をいただきながら、河川敷を歩きました。
  この光と氷のオブジェは、2月2日まで行われていますので、ぜひ足を運んでいただきたいと思います。

第4回千歳川光と氷のオブジェ写真

ライトアップされた千歳川

 

太宰府から春が届きました!

1月19日(木曜日)

  太宰府天満宮との春の香りの交流は、今年で50年という大きな節目を迎えます。
  1月には太宰府天満宮から梅が、5月には千歳からすずらんを送り続けています。
  今日は、太宰府天満宮から、西高辻宮司、有吉神職をはじめ、巫女さんが来られ、太宰府市役所の方もお越し頂きました。
  まだつぼみの状態ですので、これから咲く花と香りを楽しみたいと思います。
  また、交流50周年を記念して太宰府天満宮の「御神牛」の置物をいただきました。
  菅原道真公は承和12年(845)年6月25日、乙丑(きのとうし)生まれで、お亡くなりになったときに遺言に「遺骸を牛車にのせて人にひかせず、牛の赴くところにとどめよ」と仰せられ、その牛が動かなくなったところを御墓所と定めたそうです。 この神牛の臥牛像は、自分の身体と同じ神牛の部分を祈念を込めてお互いに撫でさすれば病気全快するといわれており、世界中から牛を撫でるために来るそうです。
  5月には、北海道の春の香りを届けたいと思います。

紅白の梅写真

今年も紅白の梅をいただきました

御神牛写真

平成18年千歳市消防出初式

1月11日(水曜日)

   今年一年の安全と火災防止を願って出初式が行われました。
  千歳鳶土工事業組合と千歳若鳶会の皆様による消防伝統妙技の披露があり、見学の市民の皆さんから歓声があがっていました。
  今年も見事な演技を見ることができ、とても感動しました。昨年は、国内外で悲しい痛ましい事件や事故が多くありましたが、今年は、安心安全な一年でありたいものです。
  それには、日頃から地域の防災・防火運動に取り組んでいただいています消防団員、自衛隊消防隊、企業による自衛消防隊、幼年・少年消防クラブ、防火委員、地域の自主防災組織、消防関係協力団体、そして消防職員の努力があってのことであり、皆さんのご尽力に感謝いたします。
  今年一年間、どうぞよろしくお願いいたします。

千歳市消防出初式写真

みごとなはしご妙技

千歳市消防出初式写真千歳市消防出初式写真

平成18年成人式「はたちのつどい」

1月9日(月曜日)

  今年の新成人は、1,490人です。
  昨年から25人減少していますが、それも少子化の影響かもしれません。                  
  今年は、市民文化センターがリニューアル中ですので、スポーツセンターで行われました。                           会場には、700名以上の新成人の皆さんがスーツや晴れ着に身を包み、緊張した面持ちで出席していました。
  式典でも私の挨拶を皆さんしっかり聞いていましたので、私のメッセージも届いていると思います。
  新成人の皆さんには、日本の人口がついに減少となったことや、国の出生率1.29という数字についてお話しをしました。一人の女性が一生の間に生む子どもの数(合計特殊出生率)は、国が1.29人、道が1.19人ですが、千歳市は1.52人ととても高い数字です。ちなみに国の勢力を維持するためには、出生率は2.08人必要だそうです。
  間違いなく、若い人の活力が国やまちを支え、繁栄させるエネルギーとなります。新成人の皆さんの限りない未来に期待と夢を託したいと思います。

はたちのつどい写真

新成人からメッセージがありました。

はたちのつどい写真

平成18年千歳市新年交礼会

1月6日(金曜日)

  皆様、新年あけましておめでとうございます。
  今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
  今日は、恒例の新年交礼会を多数の市民の皆様のご出席をいただき、開催することができました。
  年頭にあたり、私から昨年と今年の主なポイントを二ずつお話しさせていただきました。
  昨年の出来事の一つは、国勢調査の結果千歳市が数少ない人口増加都市となったことです。札幌市を除けば3番目に伸びている都市という結果 は大変喜ばしいことです。二つめは、相次ぐ商業施設のオープンや工場の立地です。「千歳タウンプラザ」、「アイバ千歳」、「千歳アウトレットモール・レラ」、「道の駅サーモンパーク千歳」のオープン、市内工業団地への立地が5件など、大変明るい話題が続きました。
  今年は、千歳飛行場が大正15年に村民の手によって開港されてから80年になります。日本を代表する国際空港としてさらに充実するため、新千歳空港の国際線ターミナルビルの平成21年供用開始に向け、北海道開発予算が採択されたことは大変大きな意義があります。
  二つ目は在日米軍再編問題ですが、市民生活に直接影響する極めて重大な問題ですので、慎重に市民の皆様の声を聞きながら対応していきたいと思います。
  今年も、「夢ある千歳」の実現のため、市民の皆様と共に歩んでいきます。

平成18年千歳市新年交礼会写真

2006年がスタートしました。

このページに掲載されている情報の担当部署・お問い合わせ先

カテゴリー

公開日: