トップ市民向け健康・福祉予防接種海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)について

海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)について

 海外の渡航先への入国時に、相手国等が防疫措置の緩和等を判断する上で活用されるよう、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の事実を公的に証明する接種証明書を交付します。令和3年7月26日(月)から申請受付を開始します。

※この接種証明書は、海外渡航の際に必要な方へ交付するものです。それ以外の方が接種の記録を必要とする場合は、接種時に発行される「接種済証」又は「接種記録書」をご利用ください。

 

発行対象者 

千歳市が発行した接種券で接種を受けた方、または千歳市の接種券付き予診票で先行接種を受けた方で、海外渡航時に防疫措置の緩和が受けられるといった理由から証明書の提示が必要となる方。
※海外渡航時の利用を目的としない方は対象外です。

 海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧はこちらをご覧ください。

 

申請方法

原則、郵送で申請してください。証明書は申請受理から1週間程度で郵送発行します。

 

提出先

 〒066-8686 北海道千歳市東雲町2丁目34番地
 千歳市総合保健センター 新型コロナウイルスワクチン接種対策室

 

申請に必要な書類

(1)申請書 接種証明書申請書.pdf (PDF 58.3KB)

(2)海外渡航時に有効なパスポートの写し
(3)接種券(接種済証)または接種記録書の写し
(4)本人確認書類の写し(運転免許証、健康保険証等) ※返送先住所の記載された物
(5)返信用封筒  ※宛名と切手の貼付を必ずお願いします。

場合により必要な書類
(6)パスポートに旧姓・別姓・別名の記載がある場合は、旧姓・別姓・別名が確認できる書類
(7)代理人による申請の場合

 ①委任状 委任状(接種証明書).pdf (PDF 55.2KB) 

 ※同一世帯員の場合でも必要です

 ②代理人の本人確認書類の写し


留意事項

・接種後に転居された場合など、1回目と2回目で別の市町村の接種券を使用して接種を受けた場合には、それぞれの市町村で申請が必要です。
・接種証明書の一般的・制度的事柄に関する質問は、厚生労働省新型コロナウイルスワクチンに係る電話相談窓口(0120-761770)までお問合せください。
 

カテゴリー

公開日: