トップ市民向け税金市税市税のしくみ市税のしくみ(軽自動車税(環境性能割))

市税のしくみ(軽自動車税(環境性能割))

軽自動車税(環境性能割)

 

 税制改正により、令和元年10月1日から「自動車取得税」が廃止され、「環境性能割」が創設されました。新車、中古車を問わず、取得価格が50万を超える三輪・四輪の車両に対して課税されます。軽自動車税(環境性能割)は市税ですが、当分の間は北海道が賦課徴収を行います。これまでの自動車取得税と同様、軽自動車の取得時に申告および納付を行ってください。

 

税率

 

 環境性能割の税率は、軽自動車の燃費性能等に応じて0~2%になります。(税額は、取得価格に以下の税率を乗じた額)

 

燃費性能等 税率
自家用 営業用  

電気軽自動車

天然ガス軽自動車(平成21年排出ガス規制NOx10%以上低減達成又は平成30年排出ガス規制適合車)

非課税
ガソリン車(ハイブリット車を含む) ★★★★(※1)かつ令和12年度燃費基準75%達成かつ令和2年度燃費基準達成
★★★★(※)かつ令和12年度燃費基準75%達成かつ令和2年度燃費基準達成★★★★(※1)かつ令和12年度燃費基準60%達成かつ令和2年度燃費基準達成 1.0%(※2) 0.5%
★★★★(※1)かつ令和12年度燃費基準55%達成 2.0%(※2) 1.0%
上記以外の車 2.0%(※2) 2.0%

 

※1 「★★★★」:平成30年排出ガス規制50%低減達成車又は平成17年排出ガス規制75%低減達成車

※2 環境性能割の臨時的軽減により、令和3年4月1日から令和3年12月31日までの間に取得した自家用乗用車(軽自動車)は上記の税率から1%軽減されます。

 

カテゴリー

公開日: