みんなで生き生き活力創造都市

千歳市
City of Chitose

北海道千歳市公式ホームページ
- City of Chitose

サイトマップ
ホーム市政情報施策・計画市長行政報告平成26年9月市長行政報告

平成26年9月市長行政報告

平成26年第2回定例市議会以降における諸般の行政をご報告申し上げます。

(1  はじめに)
  今夏の「平成26年8月豪雨」では、広島県広島市や礼文町での大規模な
土砂災害など、全国各地で甚大な被害が発生しており、一部の被災地では、
今なお被災者が避難所生活を強いられております。
  このたびの災害で犠牲になられました皆さまのご冥福を心からお祈り申し
上げますとともに、一日も早い被災地の復興と、被災された方々の生活再建
を祈念いたします。
  本市におきましても、去る9月11日、「大雨特別警報」が発表されまし
たことから、「大雨特別警報に係る千歳市災害対策本部」を設置し、自衛隊、
警察などの防災関係機関と連携し、対応を行ってまいりました。
  また、土砂災害警戒区域等に指定されています、支笏湖温泉地区及び市街
地地区の蘭越、新星、桂木、大和の各地区の住民を対象として、「市民の安
全を第一」に考え、市として初めて避難勧告を発令したところであります。
  対象地域の方々は、町内会自主防災組織などの協力により、指定避難所及
び各地区の一時避難所に避難をされるなど、大きな混乱もなく冷静に対応し
ていただきましたが、これも日ごろから、地域で行われている自主的な防災
活動や、多くの市民及び防災関係機関等で実施しております防災訓練などの
成果が実災害時の対応に結びついたものと考えております。
  このたびの災害では幸いにも人的被害はなかったものの、支笏湖地区で土
砂崩れなどが発生し、国道・道道やキャンプ場などの各施設に大きな被害が
出たところであり、国道453号につきましては、未だ通行止めが続いてい
ることから、関係機関と協力して早期の復旧に取り組んでまいります。
  今後も市民の生命及び財産を守るため、防災に関わる情報の収集・把握に
努めるとともに、今回の災害を教訓に、引き続き市民の皆さまの理解や協力
を得ながら、防災関係機関等と連携し、災害に強いまちづくり、ひとづくり
に努めてまいります。

(2  市功労者のご逝去について)
  このたび、千歳市功労者、原美文(はらよしふみ)様が6月15日に、佐藤
統一(さとうとういち)様が7月12日にご逝去されました。
原美文様は、千歳市開拓農業協同組合の組合長理事及び千歳市農業委員会委
員として、地域農業の発展と農用地の利用調整に尽力されました。
  佐藤統一様は、千歳市国民健康保険運営協議会委員及び千歳市農業委員会
委員として、保健衛生の発展と農用地の利用調整に尽力されました。
ご逝去されましたお二方の長年にわたるご努力とそのご功績は、誠に大きな
ものがあり、心からご冥福をお祈り申し上げます。

(3  新千歳空港の深夜・早朝発着枠の拡大について)
  新千歳空港の24時間運用につきましては、去る8月30日に、騒音直下
の町内会と本市及び北海道で構成しております「新千歳空港の24時間運用
を巡る千歳市地域協議会」が開催され、北海道から昨年12月に示された
「新千歳空港の深夜・早朝発着枠の拡大」に関する原案に対して、本年3月
に地域の方々から提出された意見書を踏まえた修正案が示されたところであ
ります。
  これに対し、本協議会におきましては、主に住宅防音対策に関する意見が
多く出されたことから、北海道は、内容を再度検討することとしております。
  市といたしましては、北海道に対し、地域の方々の意見をしっかりと受け
止めて、一日も早く理解が得られるよう責任を持って進めるよう要請してい
るほか、今後とも、関係者間における話し合いを進めるなど、積極的に取り
組んでまいります。

(4  平成26年度千歳市総合防災訓練について)
  去る9月6日、千歳市防災学習交流施設において、平成26年度千歳市総
合防災訓練の実動訓練を実施しました。この訓練は、災害発生時における市
民の防災、減災能力を向上することを目的として、大規模地震災害が発生し
た際に、住民が行うべき基本となる応急対応行動などを、自主防災組織や町
内会を対象に実施したほか、防災関係機関等の装備品や訓練の展示を行いま
した。また、「防災の森」において、家庭における防災意識を高める目的で
児童生徒等を対象とした体験型訓練を行いました。
  さらに、支笏湖地区において、樽前山噴火災害を想定した対処訓練を、第
11普通科連隊、石狩森林管理署、千歳警察署、支笏湖地区住民等の協力を
得て実施しました。この訓練は、樽前山噴火災害時における災害対処能力の
向上を図るため、装軌車による支笏湖地区への進出訓練や映像伝送装置等を
使用した通信訓練、さらには、地域住民との連携訓練などを実動により行っ
たところであります。
  これらの訓練は、自主防災組織や町内会、児童生徒、防災関係機関、協力
機関、団体など、1,000人を超える多くの方々の参加を得て実施しまし
たが、参加された市民や防災関係機関等の皆さまからは、「防災・減災につ
いて学び、体験し、多くのものを得ることができた。」、「実災害に備える
ためには、これらの訓練を継続して実施してほしい。」など、多くの意見を
いただき、訓練目的を十分達成することができたものと考えております。
  今後も、防災関係機関や協力機関等と連携を図り、相互理解を深めるとと
もに、市民と協働した防災、減災対策を進めてまいります。

(5  北海道における自衛隊の体制強化を求める活動について)
  平成25年末に閣議決定された「防衛計画の大綱」及び「中期防衛力整備
計画」において、陸上自衛隊の定員数は、現有勢力の15万9千人に維持さ
れることとなりましたが、戦車及び火砲はそれぞれ300両(りょう)、30
0門(もん)に削減されることとなりました。本市には削減の対象となるこれ
らの装備を有する部隊が多く配備されており、隊員の削減が懸念されますこ
とから、去る8月26日に、「千歳市における自衛隊の体制強化を求める期
成会」として、本市における自衛隊の体制強化について防衛省、自由民主党
幹部及び北海道内選出等国会議員へ要望活動を行いました。
  また、翌27日には、「北海道自衛隊駐屯地等連絡協議会」として、北海
道の自衛隊体制強化、特に北海道の自衛隊員の充足率の向上について防衛省、
自由民主党幹部及び北海道内選出国会議員へ要望活動を行ってまいりました。
この自衛隊体制強化に係る問題は、北海道は無論、本市にとっても大変重要
な課題でありますことから、「北海道自衛隊駐屯地等連絡協議会」及び「千
歳市における自衛隊の体制強化を求める期成会」と連携を図り、引き続き積
極的に活動を行ってまいります。

(6  千歳市民夏まつりについて)
  「千歳市民夏まつり」につきましては、「一人ひとりが主人公、みんなで
つくる夏まつり」をテーマに、7月19日から8月20日までの33日間に
わたって開催され、期間中には、「2014スカイ・ビア&YOSAKOI
祭」をはじめ、「清流千歳川噴水フェスティバル」、「清流千歳川あんどん
まつり」、「千歳民報市民納涼花火大会」、「千歳・道新花火大会」、「航
空自衛隊千歳基地航空祭」、「各商店街での夏まつり」など魅力ある多くの
イベントが繰り広げられました。
  このうち「2014スカイ・ビア&YOSAKOI祭」は、開催期間中、
天候にも恵まれ過去最多となる約58,000人が来場しました。
  また、今年の夏まつりは、第40回目の節目を迎えたことから、「市内小
学校対抗の縄跳び大会」や「市内和太鼓チームの共演」をはじめとする記念
行事などが行われ、さらなる盛り上がりの場が創出されました。
  最終日の「千歳市民納涼盆踊り大会」には、26団体と個人を合わせて約
1,800人の参加をいただき、大変盛況のうちに夏まつりを終了すること
ができました。
  各商店街、企業、関係団体並びに市民の皆さまの熱意あふれる取組やご協
力に対し、心から感謝申し上げますとともに、今後とも、市民の交流の輪が
ますます広がるよう夏まつりの魅力向上に努めてまいります。

(7  千歳タウンプラザについて)
  北海道空港株式会社が所有する千歳タウンプラザにつきましては、市が1
階フロアの一部を平成17年3月12日から10年間賃借しておりますが、
平成26年9月5日、北海道空港株式会社との契約に基づき賃貸借している
セントラルリーシングシステム株式会社から、平成27年3月11日に契約
期間が満了する旨の通知を受け取ったところであります。
  また、北海道空港株式会社から、「本市との契約のほか、すべてのテナン
トとの契約が終了した後、同施設を閉鎖する」との説明を受け、中心市街地
の活性化を目指す観点から、残念なことでありますが、「止むを得ないもの」
と判断したところであります。
  市といたしましては、入居テナントや地域、関係団体からのご意見を伺い、
今後の対応をよく検討してまいります。

(8  農作物の生育状況について)
  今年の春先は好天に恵まれ、馬鈴しょ、てん菜等の植付け作業、豆類や飼
料用とうもろこし等の播種(はしゅ)作業が概ね順調に終了したところであり
ます。
  また、6月の真夏並みの暑さや長雨により、一部農作物の生育が心配され
ておりましたが、その後の天候回復によって、全般的に生育は順調に推移し、
9月11日の大雨及び9月16日の降雹(こうひょう)による農業被害が一部
みられるものの、平年並みの収穫が見込まれているところであります。
  今後、天候が安定し、豊穣(ほうじょう)の秋となりますことを念願してお
ります。

(9  企業誘致について)
  企業誘致につきましては、東京都に本社がありますセイノースーパーエク
スプレス株式会社が臨空工業団地内の空き工場を賃借し、立地いたしました。
同社は、これまで新千歳空港内に事業所を置いておりましたが、取扱貨物の
増加等により手狭となりましたことから、新たに臨空工業団地内において事
業所を開設したものであり、6月から操業を開始しております。
  このたびの進出により、本年度の立地件数は4件となり、本市の産業振興
に波及効果をもたらすとともに、この勢いが今後の企業誘致に弾みをつける
ものと期待しております。
  展示会等への出展につきましては、本年7月に、札幌市において開催され
た産業展示会「北洋銀行ものづくりテクノフェア2014」に千歳科学技術
大学と共に出展したほか、東京都において開催された「北海道フードビジネ
スセミナー」に出展し、産学官連携の取組や、おいしさ千歳産の活動、千歳
産農産物の紹介を行いました。
  また9月に、東京都において開催された「国際物流総合展2014」に北
海道空港株式会社と共に出展し、優れた交通アクセスやリスク分散最適地の
紹介を行うなど、市内工業団地の特性や優位性をPRいたしました。
  立地企業の振興支援につきましては、本年7月に、千歳工業クラブ、千歳
科学技術大学、金融機関、千歳市による産学官金意見交換会を実施し、各団
体が予定する事業や課題について活発な意見交換を行い、地域活性化のため
の連携促進に取り組みました。
  また、本年8月には、ものづくり産業における人材確保促進策、女性就労
促進策として、本市や苫小牧市の工場を視察する「ものづくり魅力発見!職
場見学バスツアー」を北海道等とともに実施いたしました。
  高校生やその保護者、ハローワーク職員など約40人が参加し、市内のも
のづくり現場における就労環境を視察したほか、従業員との意見交換などを
実施したところであります。
  今後も、さまざまな機会を活用し、企業誘致活動を積極的に進めていくと
ともに、人材確保の促進に向けた事業にも取り組んでまいります。

(10  千歳科学技術大学との包括連携に関する協定の締結について)
  去る7月10日、千歳科学技術大学と包括連携協定を締結しました。
  この協定は、これまでの連携事業をさらに効果的に展開させ、「教育の向
上及び文化の振興」、「地域経済の活性化」、「地域の国際化及び国際交流」、
「産学官共同研究の実施及び支援」などの推進を図り、活力ある地域社会の形
成及び発展に寄与することを目的に締結したものであります。
  今後は、新たな連携事業について定期的に協議する場を設けるなど、より
一層千歳科学技術大学との連携と協力を強化してまいります。

(11  土地開発公社の清算結了について)
  千歳市土地開発公社は、平成26年3月31日付けで北海道知事の認可を
受けて解散し、その後、官報に債権申出の公告を行うなど清算の手続を進め、
平成26年6月18日に88億9千万円の残余財産を確定し、清算結了いた
しました。
  同月30日には札幌法務局に清算結了登記申請を行い、登記が完了した7
月8日、清算結了の届出を北海道知事に提出し、清算手続を完了しています。
  市といたしましては、今後とも住宅地及び工業団地の販売に積極的に取り
組んでまいります。

(12  姉妹都市との交流について)
  去る7月21日、千歳サケのふるさと館におきまして、姉妹都市提携20
周年を記念し、指宿市から贈呈されました「大うなぎ」のお披露目会を開催
しました。
  当日は、「2014スカイ・ビア&YOSAKOI祭」に参加のため来訪
中の豊留悦男(とよどめえつお)指宿市長様ほか、指宿市ご一行や来賓者の立
会いのもと元気に泳ぐ姿が公開されました。
  また、お披露目と同時に「大うなぎ」の名前を募集しましたところ、52
6件の応募があり、選考の結果、市内在住の松坂(まつざか)あゆみさん(5
歳)が応募されました『いぶりん』に決定しました。
  本年度は、アメリカ合衆国アラスカ州アンカレジ市との姉妹都市提携45
周年の節目を迎えましたことから、去る8月5日から6日間にわたり、議長、
教育長をはじめとする公式訪問団とともに市内の高校生や大学生、市民など
総勢30人の訪問団を結成し、アンカレジ市を訪問しました。
  訪問中は、心温まる歓迎を受け、歓迎交流会や45周年セレモニー、アラ
スカの歴史に関する講話や視察など各種の行事に参加し、多くのアンカレジ
市の皆さまと交流を深めることができました。
  また、2回目の開催となります「2014年アンカレジ・千歳姉妹都市ユ
ースサミット」では、両市から各4人の高校生が参加し、「高校生の姉妹都
市交流」、「防災」の両市に共通するテーマについて議論し、提言をまとめ
ることができました。
  さらに、このたびは、千歳科学技術大学の学生10人が初めて訪問団とし
て参加し、北海道の祭りを代表する「よさこいソーラン」の演舞をアンカレ
ジ市の皆さまに披露するとともに、アラスカ大学の学生と意見交換を行うな
ど、新しい分野での交流ができました。
  今回の訪問では、提携45周年という節目を迎え、高校生や大学生への交
流の広がりなど、多くの成果があり、両市の友情の絆を一層強めることがで
きたものと考えております。
  今後におきましても、この訪問で得たことを広く市民に紹介し、まちづく
りに生かしてまいります。

(13  苔の洞門について)
  8月27日、支笏湖地区の苔の洞門は、貴重な苔類が豊富に生育し、豊か
な景観を育んでいることが評価され、日本蘚苔類(せんたいるい)学会から全
国で21番目、北海道初の「日本の貴重なコケの森」に認定されました。

(14  支笏湖のヒメマスについて)
  支笏湖のヒメマス釣りは、例年どおり6月1日から解禁となり、8月31
日に無事終了しました。
  漁獲数につきましては、特に6月の釣果が好調となり、過去最高を記録し
た昨年を11.3パーセント上回る15万8,741尾となったほか、出漁
数につきましても、昨年を9.4パーセント上回り平成3年の漁獲調査開始
以来最高の6,359隻となったところであります。
  今後も、独立行政法人水産総合研究センターや北海道などからの助言を受
け、資源動向を把握するとともに、支笏湖漁業協同組合などと連携を図り、
ヒメマス資源の保護・増殖に努めてまいります。

(15  道の駅リニューアル事業について)
  道の駅リニューアル事業における地域振興施設の指定管理者につきまして
は、公募条件の一部を見直したうえで再募集を行い、シダックス大新東ヒュ
ーマンサービス株式会社を選定し、協定を締結いたしました。
  今後、指定管理者と協議・連携しながら入居テナントの選定や収益スペー
スのレイアウトなどを決定してまいります。
  また、施設整備に関しましては、地域振興施設に加え、駐車場や河川敷地
等外構につきましても工事に着手しており、平成27年8月のオープンに向
け準備を進めてまいります。

(16  スポーツ振興について)
  6月1日に開催された「第34回千歳JAL国際マラソン」には、全都道
府県から12,177人の申込みに対し、出走者数は、3年連続して1万人
を超える10,711人となりました。
  当日は、天候にも恵まれ、盛会のうちに無事終了しました。
  市民ボランティアの方々をはじめ、大会を支えていただいた多くの皆さま
のご支援・ご協力に感謝申し上げます。
  小中学生を対象に5月17日から開催された「千歳ジュニアスポーツフェ
スティバル」は、7月までに14種目を終了し、これまでの参加者数は、昨
年を超える1,076人となっております。
  今年度は、冬期間にスケート及びスキー教室を実施する予定であり、多く
の子どもたちの参加を期待しているところであります。
  8月15日にダイナックスアリーナにおいて開催された「大相撲千歳場所」
には、2,600人を超える多くの市民が観覧に訪れ、公開稽古や相撲(すも
う)甚句(じんく)、横綱土俵入りなどの見学のほか、幕内取組では、力士の迫
力あるぶつかり合いや豪快な投げ技に、大きな拍手や声援が送られ、国技で
ある相撲の醍醐味を満喫する1日となりました。
  9月13日から3日間の日程で開催された、国内最大の自転車レース「ツ
ール・ド・北海道2014」は、初日に、市役所駐車場において開会式が行
われました。
  当日は、優勝カップの返還や選手宣誓のセレモニーの後、20チーム、約
100人の選手がスタートし、1日目のゴールである新得町を目指し脚力を
競い合いました。

(17  公共工事の進捗状況について)
  公共工事の進捗状況につきましては、建築工事のうち、祝梅コミュニティ
センターの改修工事が11月末、支笏湖ヒメマスふ化場建替工事が12月中
旬の完成に向けそれぞれ工事を進めております。
  また、土木工事のうち、北千歳駐屯地急傾斜地対策受託事業の今年度工事
区間である桂木4丁目及び5丁目の一部が来年2月末に、公園工事では、み
どり台緑化重点地区整備事業の北信濃1号公園が11月末、グリーンベルト
活性化事業のうち、ポエム広場が12月末に、道路工事では、33号大通の
舗装工事が11月末の完成に向けそれぞれ工事を進めております。
  さらに、毎年、計画的に実施している市道整備事業や市内公園整備事業に
つきましても、予定どおり工事を進めており、このことから上半期(4月~
9月)の目標であります、発注率85パーセントにつきましては達成できる
見込みとなっております。
  なお、未発注工事につきましても、計画に沿った発注に努めてまいります。

(18  各会計の決算状況について)
  平成25年度の決算につきましては、一般会計では歳入の確保とともに経
費の節減や創意工夫などに努めた結果、収支不足分として予算で措置した2
億7,882万9千円を財政調整基金から繰入れすることなく決算を終え、
実質収支額4億1,826万6千円の黒字を計上し、このうち、3億5,4
70万6千円については財政調整基金に積立処分を行いました。
  また、6特別会計につきましては、いずれも黒字となり、特別会計の実質
収支総額は3億8,101万1千円となりました。
  決算剰余金の積立処分後の財政調整基金の現金残高は、25億1,566
万5千円となり、土地開発公社に対する短期貸付金の解消のため第三セクタ
ー等改革推進債を起債したことなどに伴い、将来負担比率が上昇しましたが、
引き続き財政の健全性の保持と安定化が図られております。
  今後も、多様で安定的な市民サービスを提供するため、千歳市財政標準化
計画に基づき、強固で持続可能な財政基盤の確立を図ってまいります。
  水道事業会計の平成25年度決算につきましては、有収水量が前年度を0
.3パーセント上回ったことから、給水収益は14億4,742万6千円と対
前年度比0.4パーセントの増となり、単年度収支としては8,364万5千
円の純利益を計上いたしました。
  その結果、未処分利益剰余金は、平成24年度の繰越利益剰余金と合わせ
1億4,033万円となりましたが、このうち剰余金処分として、減債積立
金に420万円、利益積立金に7,900万円を積み立てることとしており
ます。
  一方、下水道事業につきましては、有収水量が前年度を0.6パーセント
上回ったことから、下水道使用料は15億6,490万円と対前年度比0.8
パーセントの増となり、単年度収支としては1億8,387万4千円の純利
益を計上いたしました。
  その結果、未処分利益剰余金は、平成24年度の繰越利益剰余金と合わせ
2億3,562万1千円となりましたが、このうち剰余金処分として、減債
積立金に920万円、利益積立金に1億7,400万円を積み立てることと
しております。
  今後とも経費の節減など、より一層経営の効率化を進め、安定的な経営基
盤の確立を図るとともに、市民サービスの向上に努めてまいります。
  病院事業会計の平成25年度決算につきましては、前年度に比べ本院の入
院患者数が1,948人、外来患者数が10,447人とそれぞれ増加した
ことに加え、DPC制度の効果的な運用などにより、入院・外来ともに患者
1人当たりの診療単価が上昇したことから、事業収益は3億4,455万8
千円の増加となっております。
  一方、患者数の増加に伴い薬品費や診療材料費等が増加したほか、診療体
制の充実を図るため、医師や看護師等を増員したことにより給与費が増加し
ており、事業費用においても前年度に比べ2億5,848万5千円の増加と
なりましたが、単年度収支では2億2,782万4千円の純利益を計上いた
しました。
  今後とも、医療を取り巻く情勢を的確に見極めながら、平成26年3月に
策定した「中期経営計画」の着実な取組により、効率的な病院運営を推進し、
健全で安定した経営基盤の確立に努めてまいります。
  以上申し上げまして、行政報告といたします。

カテゴリー