みんなで生き生き活力創造都市

千歳市
City of Chitose

北海道千歳市公式ホームページ
- City of Chitose

サイトマップ
ホーム市政情報施策・計画市長行政報告平成23年12月市長行政報告

平成23年12月市長行政報告

  平成23年第3回定例市議会以降における諸般の行政をご報告申し上げます。

(1  はじめに)
  いよいよ師走を迎えようとしておりますが、この1年を顧みますと、3月11日に発生した東日本大震災は、被害が甚大で、被災地域が広範にわたるなど極めて大規模なものであるとともに、地震、津波、原子力発電施設の事故による複合的な大災害であり、かつ、震災の影響が広く全国に及んでいるという点において、正に未曽有の国難と言えるものでありました。未だ多数の方々が避難所生活など困難な生活を余儀なくされており、一日も早い復旧、そして将来を見据えた復興を念願する次第であります。
  このかつて経験したことのない東日本大震災に即応して、市内に所在する部隊からは、4,000人を超える多くの隊員が被災地に派遣されており、行方不明者の捜索をはじめ、被災者に対する給食・給水・入浴などの生活支援、瓦礫の除去など、献身的な災害派遣活動を行い、過酷な任務を完遂されました。改めて自衛隊員の活動の重要性を認識したところであり、派遣された隊員の皆さまに敬意を表するとともに心から感謝申し上げます。また、本市では被災地や被災者への支援を行うとともに、5月13日には「東日本大震災の影響に伴う緊急経済対策等」を決定するなど様々な取組を講じており、今後におきましても、今般の大震災で得た教訓を生かし、自然災害に強いまちづくりを念頭に防災対策の充実に努めてまいります。

  一方、本市におきましては、平成23年度を初年度とする「第6期総合計画」をスタートさせ、本市が持つ特性や資源などの「都市力」と市民一人ひとりが持つ知識や経験などの「市民力」を生かし、市民や各種団体・企業等による活動が更なる活力と勢いを創り出す「みんなで生き生き活力創造都市ちとせ」を将来都市像と定め、各種施策の着実な推進に努めてまいりました。
  また、去る9月には長年にわたり誘致活動を続けてまいりました道立特別支援学校高等部の千歳市への設置が、北海道教育委員会で決定されたところであり、平成25年4月の開校に向け関係機関と協議を進めているところであります。
  このような中、我が国の経済は依然として厳しい状況が続くとみられておりますことから、本市といたしましては、国等の情報の収集・把握に努めながら市民生活と経済活動の安心・安定の確保に向け適切に対応してまいりますので、議員各位並びに市民の皆さまのご理解とご支援をお願い申し上げる次第であります。

(2  叙勲及び功労表彰について)
  本年秋の叙勲におきまして、奈良孝秋(ならたかあき)様が教育功労により瑞宝双光章を、藏谷正美(くらたにまさみ)様が矯正業務功労により、橋本守(はしもとまもる)様が消防功労により、それぞれ瑞宝単光章を受章されました。
  ここに受章されました皆さまのご功績と栄誉をたたえ、深く敬意を表するとともに心からお慶び申し上げます。
  また、市政の振興に多大なご功績をいただいた方々を顕彰するため、例年功労者の表彰を行っておりますが、本年度につきましては、自治功労として河野眞範(こうのまさのり)様に、社会福祉功労として長岡(ながおか)ミツ様に、保健衛生功労として中村堅次(なかむらけんじ)様に、産業功労として山本良平(やまもとりょうへい)様並びに今忠吉(こんただよし)様にそれぞれ決定し、11月4日に功労表彰を贈呈いたしました。
  ここに受章されました皆さまの長年にわたるご努力とご労苦に対し、心から敬意と感謝の意を表するところであります。

(3  千歳市技能功労者表彰について)
  千歳市技能功労者表彰につきましては、美容師の岡崎進(おかざきすすむ)様、理容師の藤原加代子(ふじわらかよこ)様、自動車整備士の古館孝司(ふるだてたかし)様の3名に決定し、11月4日に贈呈いたしました。
  本市の産業発展のため、長年にわたり尽力されましたご功績に対し、ここに深く感謝の意を表するところであります。
(4  千歳市民文化表彰及び千歳市スポーツ表彰について)
  次に、千歳市民文化表彰についてでありますが、市民文化賞は、長年にわたり民謡の普及、発展に尽力され、本市の芸術文化の振興に多大な貢献をされました中野(なかの)みどり様に、市民文化奨励賞は、工芸の普及、発展に寄与されました三浦千津子(みうらちづこ)様、文化財保護の普及、発展に寄与されました千歳文化財保護協会様、並びに、書道の普及、発展に寄与されました黒百合書友会(くろゆりしょゆうかい)様に、また、千歳市スポーツ表彰につきましては、スポーツ賞は、長年にわたりスピードスケート競技の普及に尽力され、本市のスポーツ振興に多大な貢献をされました西野正紀(にしのまさき)様、並びに、長年にわたり軟式野球の普及に尽力され、本市のスポーツ振興に多大な貢献をされました小林髙英(こばやしたかえ)様にそれぞれ決定し、11月4日に贈呈いたしました。
  ここに、地域文化及び地域スポーツの先導者として、本市の芸術・文化・スポーツの振興のために尽力された皆さまに対し、心から敬意を表するところであります。

(5  北海道における自衛隊の体制維持を求める活動について)
  自衛隊の体制維持・拡充を求める活動につきましては、頻発する災害や周辺国の軍事的な脅威等を考えますと、現在の人員では不十分であると考えておりますことから、隊員の定員と実員の乖離をなくすとともに、新しい装備を持つ部隊の配置などを求め、11月17日には「千歳市における自衛隊の体制維持を求める期成会」として、11月21日には「北海道自衛隊駐屯地等連絡協議会」として、民主党及び防衛省、道内選出国会議員等への要望活動を実施してまいりました。
  今後とも「北海道自衛隊駐屯地等連絡協議会」及び「千歳市における自衛隊の体制維持を求める期成会」と連携を図り、自衛隊の体制維持・拡充を求める活動を行ってまいります。

(6  平成23年度千歳市総合防災訓練の実施について)
  去る10月15日、「平成23年度千歳市総合防災訓練」を実施いたしました。
  本訓練は、千歳市防災学習交流施設において、地域防災力を高めることを目的に、市民を対象に災害時において地域住民が行うべき基本となる応急対策行動等を実施するとともに、防災関係機関等の訓練展示、装備品展示を行いましたが、町内会、自主防災組織、市民団体、防災関係機関、職員など580名の参加により多くの成果を得ることができました。
  今後も、災害時において、防災関係機関と連携し、市民と協働した迅速かつ的確な対応が取れるよう防災訓練の実施に努めてまいります。

(7  クマ出没への対応について)
  10月2日から市内春日町など住宅地でヒグマの出没情報が相次ぎ通報され、10月4日夜には、大和の住宅地において玄関風除室のガラスが割られる被害が発生しましたことから、10月5日に「クマ出没に係る千歳市対策本部」を設置し、ホームページや広報などによる周知を行いました。また、クマが出没した地域を中心に小学校における集団登下校やクマに対する注意喚起の町内回覧、クマ防除隊や職員による巡回パトロールを行うとともに、地域に隣接する北海道大演習場内に捕獲用の檻を設置するなどの対策を講じてまいりました。
  引き続き、クマの活動が終息する時期まで市民の安全を守るため対策を行ってまいります。

(8  東京千歳会について)
  去る11月16日、会員相互の交流と親睦を図るとともに、郷土愛を育み、千歳市の発展に寄与することを目的として設立されました東京千歳会の第10回交流会が開催されました。
  交流会には多くの立地企業などに協賛いただき、また、10周年を記念した基調講演が開催されるなど、200名を超える出席をいただき盛会裏に終了いたしました。
  会員数も439名となり、今後とも、千歳のまちづくりの応援団として、ご支援をいただけるものと期待しております。

(9  タスクフォースについて)
  第6期総合計画のスタートにあたり、まちづくりの課題や重点課題などの実現を図るため、去る10月17日に「定住促進(住みよさ)」と「道の駅再整備」の2チームからなる特別編成チーム「タスクフォース」を発足させました。
  このタスクフォースでは、職員のアイデアと行動力を生かし現状分析や事例研究、企画立案などを行い、政策会議に提言されることとしており、今まで以上にスピード感と実行力を持った課題解決に向けた取組を進めてまいります。

(10  新千歳空港ILSの運用開始について)
  国土交通省は、去る11月17日から新千歳空港における高精度の計器着陸装置の運用を開始しております。
  平成20年度から、国内線空港ターミナル側の滑走路であるA滑走路において整備を進めており、このたび市街地側からの進入に対する視認距離を200メートルまで短縮して誘導することができる高精度の計器着陸装置の調整が完了したことから運用を開始したものであります。
  国からは、さらに視認距離を100メートルまで誘導できるように運用評価中と伺っておりますことから、今後、霧や冬季間の吹雪による遅延・欠航が減少し、定時性が確保されることにより観光客の誘致につながるものと期待しております。

(11  「ちとせ消費者まつり2011」と「環境フェアin CHITOSE」の開催について)
  去る10月15日、市民文化センターを会場に「ちとせ消費者まつり2011」と「環境フェアin CHITOSE」を同時開催し、3,600名が来場しました。
  このうち、「消費者まつり」につきましては、市民団体や企業、市など20団体の参加があり、消費者保護に関する取組を紹介したほか、暮らしに役立つ商品や環境に配慮した商品などの展示・実演などを実施いたしました。
  また、「環境フェア」につきましては、企業など23団体の参加があり、環境配慮型商品の展示・実演や企業における環境配慮活動への取組を紹介したほか、環境問題を楽しく学べる「こども環境教室」や「中学生環境クイズ大会」を実施いたしました。
  今後も、このような取組を通じて消費者保護の推進や環境保全意識の高揚に努めてまいります。

(12  清掃行政について)
  プラスチック製容器包装につきましては、平成23年8月の破砕処理場の稼働に伴い、本年10月から新たに分別収集を開始いたしました。
  実施に当たり、パンフレットの作成・配布、市民説明会の実施及び「広報ちとせ」に特集記事を掲載するなど周知を行い、市民説明会には、57か所の会場において1,875人の参加をいただきました。
  このプラスチック製容器包装の分別収集の実施により、リサイクルの推進及び最終処分場の延命などが図られることとなります。今後も「千歳市一般廃棄物処理基本計画」に基づき、ごみの減量及び3Rの推進に努めてまいります。

(13  第60回全道身体障害者福祉大会千歳大会の開催について)
  去る9月23日に、千歳市民文化センターにおきまして、第60回全道身体障害者福祉大会が開催され、150名を超える運営スタッフのご協力のもと成功裏に終えることができました。
  大会当日は、全道各地から579名の参加者が集い、交流や絆を深めるとともに、障がいのある方を取り巻く様々な課題に対して意見交換が行われました。
  開催の運営を支えていただきました市民ボランティアの方々をはじめ、関係団体、関係機関の皆さまのご支援とご協力に感謝を申し上げます。

(14  株式会社ホクリヨウ千歳GP工場の操業ついて)
  去る10月5日に、市内駒里にあります株式会社ホクリヨウ千歳GP工場の操業が開始されました。
  同鶏舎はウインドレス化による防疫の充実や舎内温度、給餌などの全自動管理が図られるほか、全てのたまごに賞味期限やトレーサビリティ番号を印字し、生産農場や産卵日などの生産・流通過程の情報を追跡できる体制が整えられております。
  この工場の完成により、これまで以上に新鮮で安全・安心な卵が供給されるとともに、本市の農業振興の推進が図られるものと期待しております。

(15  企業誘致について)
  企業誘致につきましては、旭川市に本社があります旭川電気軌道株式会社と、富良野市に本社がありますふらのバス株式会社が、共有名義で用地を取得し、千歳流通業務団地に進出いたしました。
  両社は主に一般旅客自動車運送を行う事業者であり、新たな事業所を開設するものと伺っております。
  この度の進出により、本年度の立地件数は3社となり、本市の産業振興に波及をもたらすとともに、今後の企業誘致に弾みがつくものと期待しております。
  本年度は「リスク分散」などを中心とした企業誘致戦略を展開しており、被災地を含め全国1万社を対象にアンケート調査を実施したほか、パンフレット等によるPR活動を進めております。
  アンケート結果におきましては、1,574件の回答をいただき、そのうち約14パーセントの企業が地震・津波等自然災害リスクを、また、約12パーセントの企業が電力供給・節電についての懸念を課題にあげております。
  また、東日本大震災発生後、事業計画の見直しを行った企業は、検討中も合わせて約33パーセントの企業となっており、リスク分散に対する関心は高く、さらに円高による国内空洞化などの動きも懸念されていることから、今後もこれらの動向を踏まえた誘致戦略を検討してまいります。
  また、本年9月には横浜市において開催された、光関連産業の国際技術展示会「InterOpto(インターオプト)2011」への出展とともに、東京都内において、千歳市・石狩市・苫小牧市の合同開催によるデータセンター向けのフォーラムを開催し、300名を超える関係企業等の参加をいただき、各市の市長のプレゼンテーションなどにより、北海道における立地優位性をPRしたところであります。

(16  病院事業について)
  市民病院では、医療への信頼と質の向上を目的として病院機能評価の認定を更新するため、10月26日から28日までの3日間にわたり公益財団法人日本医療機能評価機構による訪問審査を受審いたしました。
  審査結果は概ね3か月後に通知される予定となっております。
  今後とも、職員の意識改革や業務改善など病院機能評価の取組を十分に生かし、医療機能の更なる充実と安全性の確保を図るとともに、患者本位の医療サービスに努め、地域の基幹病院としての役割を果たしてまいります。

(17  おわりに)
  以上、第3回定例市議会以降における行政の概要についてご報告申し上げましたが、別途、補正予算をはじめ、諸議案を提出しておりますので、よろしくご審議、ご決定いただきますようお願い申し上げます。

カテゴリー