みんなで生き生き活力創造都市

千歳市
City of Chitose

北海道千歳市公式ホームページ
- City of Chitose

サイトマップ
ホーム市政情報施策・計画市長行政報告平成21年11月市長行政報告

平成21年11月市長行政報告

第3回定例市議会以降における諸般の行政をご報告申し上げます。


             
(1  はじめに)
  今年は、政権が交代するという国政上の大きな転換がありましたが、本市におけるこの一年を顧みますと、「千歳命名205年・開庁130年」、「支笏洞爺国立公園指定60周年」、「千歳・アンカレジ姉妹都市提携40周年」を迎えるなど、千歳の歴史を考えるうえで節目となる1年となりました。
  このようななか、「休日保育」や「放課後子ども教室」の開始、奨学金制度の拡大、さらには「(仮称)北陽地区児童センター」や防災拠点であります「(仮称)防災学習交流センター」の整備を進めるなど、市政の執行に努めてきたところであります。
  また、まちなか居住の促進策として取組を進めてきた借上公営住宅の入居が間もなく始まるほか、企業誘致につきましても引き続き堅調に推移するなど、「元気な千歳」、「住みよい千歳」に向けたまちづくりが着実に進んでいるものと受け止めているところであります。
  これもひとえに市議会議員の皆さまをはじめ、市民の皆さまのご理解とご支援によるものと深く感謝申し上げる次第であります。

 

(2  市功労者のご逝去について)
  このたび、千歳市功労者、小笠原幸雄様が11月29日にご逝去されました。
  千歳商工会議所議員として、地域経済の振興や中小企業の指導育成など、商工業の発展に尽力されたそのご功績は誠に大きなものがあり、心からご冥福をお祈り申し上げます。

 

(3  叙勲・褒章及び功労表彰について)
  本年秋の叙勲・褒章におきまして、中山竹生様が地方自治功労により旭日小綬章を、飯澤忠行様が教育功労により瑞宝双光章を、佐藤忠様が矯正業務功労により瑞宝単光章を、阿部正信様が矯正教育功績により藍綬褒章を受章されました。
  ここに受章された皆さまのご功績と栄誉をたたえ、深く敬意を表するとともに心からお慶び申し上げます。
  また、市政の振興に多大なご功績をいただいた方々を顕彰する功労者表彰につきましては、社会福祉功労として西澤久様、並びに故 増田良一様に、保健衛生功労として尾谷透様に、産業功労として髙慶繁博様、並びに岩本久生様にそれぞれ決定し、11月4日に贈呈いたしました。
  ここに、受章された皆さまの永年にわたるご努力とご労苦に対し、心から敬意と感謝の意を表するところであります。

 

(4  千歳市技能功労者表彰について)
  千歳市技能功労者表彰につきましては、建築塗装工の齊藤不二夫様に決定し、11月4日に贈呈いたしました。
  本市の産業発展のため、永年にわたり尽力されましたご功績に対し、ここに深く感謝の意を表するところであります。

 

(5  千歳市民文化表彰及び千歳市スポーツ表彰について)
  千歳市民文化表彰につきましては、市民文化賞は、永年にわたり文芸の普及振興に尽力され、本市の芸術文化の発展に多大な貢献をされました綾部清隆様、並びに電波適正利用の普及振興に尽力され、本市の文化の発展に多大な貢献をされました増田清吉様に、また、千歳市スポーツ表彰につきましては、スポーツ賞として永年にわたり弓道の普及と発展に尽力されました馬場弘幸様、並びにソフトテニスの普及と全道大会等の誘致・運営に尽力されました林健様に、スポーツ奨励賞としてノルウェーで開催された世界オールラウンドスピードスケート選手権大会に出場し、日本歴代最高の総合4位に入賞された穗積雅子様にそれぞれ決定し、11月4日に贈呈いたしました。
  ここに、地域文化及び地域スポーツの先導者として、本市の芸術・文化・スポーツの振興のために尽力されました皆さまに対し、心から敬意を表するところであります。

 

(6  市民活動支援のための定額自動寄付制度「きふ・とも」について)
  市民協働によるまちづくりの担い手である市民活動団体を支援するため、去る11月11日、事業提案者である北洋銀行千歳中央支店と、定額自動寄付制度「きふ・とも」に関する協定を締結いたしました。
  この制度は、まちづくり、福祉、子育て、環境など様々な分野で社会貢献活動を行っている市民公益活動登録団体に対して、市民が主体的に毎月一定額を寄付できるものであり、団体の活動資金の確保や市民活動の普及、活性化を図るとともに、市民や企業の寄付文化を育てるものであります。
  今後、このような事業者との協働により、まちづくりへの参加や市民力の向上が図られ、市民公益活動がより一層充実されることを期待しているところであります。

 

(7  北海道における自衛隊の体制維持を求める活動について)
  北海道における自衛隊の体制維持を求める活動につきましては、去る11月6日に北海道知事をはじめ道内の市町長とともに「北海道自衛隊駐屯地等連絡協議会」による中央要望活動を、また、25日には「千歳市における自衛隊体制維持を求める期成会」による中央要望活動をそれぞれ新政権に対して実施したところであります。
  これらの活動を通じて、政権交代により国防の基軸が変わるものではないことや、北海道における自衛隊の現状維持などについて訴えてきたところであり、北澤防衛大臣をはじめ民主党の道内選出国会議員には一定の理解をいただいたものと考えているところであります。
  自衛隊の体制維持は、極めて重要な課題でありますので、今後も引き続き、関係者や関係機関に対し積極的に働きかけてまいります。

 

(8  「ちとせ消費者まつり2009」と「環境フェアin CHITOSE」の開催について)
  去る10月17日、千歳市民文化センターにおきまして「ちとせ消費者まつり2009」と「環境フェア in CHITOSE」を同時開催いたしました。
  当日は、約2,200名が来場し、このうち「消費者まつり」につきましては、企業や市民団体など25団体により、暮らしに役立つ商品の展示や実演などが行われたほか、会場内で実施したスタンプラリーには多くの参加をいただきました。
  また、「環境フェア」につきましては、企業など24団体により、環境配慮への取組に関するパネルや環境にやさしい製品の展示等が行われたほか、「こども環境教室」や「交通すごろく」の実施、環境を題材とした映画の上映などを通じて地球温暖化防止の啓発を行いました。
  今後も、市民の消費生活の安定や環境配慮行動の促進に努めてまいります。

 

(9  「安全・安心まちづくりシルバーフェスタ」の開催について)
  去る11月11日、高齢者の交通事故被害や振り込め詐欺被害を防止することを目的として、「千歳地区交通安全協会」、「千歳防犯協会」、「千歳市安全で住みよいまちづくり推進協議会」の共催による「安全・安心まちづくりシルバーフェスタ」が千歳市総合武道館において開催されました。
  当日は、約500名の市民が参加し、「振り込め詐欺防止寸劇」や「交通安全教室」が行われたほか、道警音楽隊による演奏、カラーガード隊による演技なども披露されました。
  今後も、関係機関や団体等と連携しながら、高齢者被害の防止に向けた啓発活動などの取組を進めてまいります。

 

(10  千歳市公共交通サービスセンターの開設について)
  市内の路線バスの活性化を図ることを目的に、普及啓発業務や千歳駅前バス乗り場ガイド業務を展開する「千歳市公共交通サービスセンター(愛称:コンバス)」を、去る11月19日、市民ギャラリー4階に開設いたしました。
  この事業は、北海道ふるさと雇用再生特別基金を活用して行うもので、市から委託を受けた事業者が新たに5人の職員を雇用し、総合的なバス情報の発信や問い合わせへの対応、千歳駅前バス乗り場における案内や高齢者などへの乗降介助などを実施するものであります。
  今後は、市民団体との連携を深め、公共交通を市民が支えていく仕組みづくりのきっかけとするとともに、利便性向上による利用促進に取り組んでまいります。

 

(11  新型インフルエンザワクチン接種について)
  新型インフルエンザワクチンの接種についてでありますが、11月16日から、市内の医療機関におきまして、妊婦、並びに基礎疾患により重症化リスクが高いと医師から判断された方を対象に実施されております。
  また、その他の基礎疾患を有する方、並びに1歳から就学前までの幼児につきましても、12月4日から、接種の開始が予定されており、それ以外の優先接種対象者等につきましては、国からのワクチンの供給配分により時期が決定されることとなります。
  市では、今回のワクチン接種に当たり、生活保護世帯や市民税非課税世帯に属する優先接種対象者等の負担を軽減するとともに、情報の収集に努め適切な対応を行ってまいります。

 

(12  企業誘致について)
  本年4月から、千歳臨空工業団地で操業を開始している株式会社デンソーエレクトロニクスが、去る10月27日、同社工場において開所式を挙行し、その際、生産ラインを大幅に拡張する計画を発表いたしました。
  同社は、来年4月までに正社員を約50名採用するとともに、来年夏頃には工場スタッフを現在の129名から234名へ増員する予定と伺っており、地域経済の活性化に大きく寄与するものと期待しております。
  次に、東京都に本社があります株式会社パスコが、事業用借地権によるリース契約を千歳市土地開発公社と締結し、千歳臨空工業団地に進出することになりました。
  同社は、地図情報システムの開発や人工衛星データの処理を行っており、沖縄県に引き続き国内2か所目の人工衛星受信局を設置するものと伺っております。
  この度の進出により、本年度の立地件数は8社となり、地域経済に波及効果をもたらすとともに、今後の企業誘致に弾みがつくものと期待しております。

 

(13  おわりに)
  以上、第3回定例市議会以降における行政の概要についてご報告申し上げましたが、別途、補正予算をはじめ、諸議案を提出しておりますので、よろしくご審議、ご決定を賜りますようお願い申し上げます。

 

カテゴリー