みんなで生き生き活力創造都市

千歳市
City of Chitose

北海道千歳市公式ホームページ
- City of Chitose

サイトマップ
ホーム市政情報施策・計画市長行政報告平成20年12月市長行政報告

平成20年12月市長行政報告

 

第3回定例市議会以降における諸般の行政をご報告申し上げます。

             
(1  はじめに)
   今年も残すところひと月となりましたが、我が国の経済につきましては、世界的な金融危機の深刻化などから、雇用情勢などを含め、景気の状況がさらに厳しいものとなるリスクが存在しているとされております。
   このような中、政府におきましては、生活者の不安解消などを目標とする「安心実現のための緊急総合対策」、さらには新たな経済対策として「生活者の暮らしの安心」などを重点分野とする「生活対策」を策定したことから、本市といたしましても情報の収集・把握に努め適切に対応してまいります。また、独自の緊急対策として、経営基盤が脆弱な小規模企業者を対象とする融資制度の新設に向けて関係機関と調整を進めてまいります。
   さて、本市におけるこの1年を顧みますと、本年は、市制施行50周年を迎えるという大きな節目の年であるとともに、G8サミットの公式プログラムである「ジュニア・エイトサミット2008千歳支笏湖」が開催されるなど、千歳の歴史を考えるうえで意義深く記憶に残る1年となりました。また、地域での子育て支援の拠点として「ちとせっこセンター」がオープンし、さらには企業誘致が堅調に推移するなど、これまでの取組みが着実に実を結んでいるものと受け止めているところであります。
   これもひとえに市議会議員の皆さまをはじめ、市民の皆さまのご理解とご支援の賜物と深く感謝申し上げる次第であります。

 

(2  叙勲及び功労表彰について)
   本年秋の叙勲におきまして髙橋(たかはし)貞敏(さだとし)様が防衛功労により瑞宝小綬章を、高橋(たかはし)貞儀(さだよし)様並びに檜山(ひやま)進(すすむ)様が矯正業務功労により瑞宝単光章を受章されました。
   ここに受章されました皆さまのご功績と栄誉をたたえ、深く敬意を表するとともに心からお慶び申し上げます。
   また、市政の振興に多大なご功績をいただいた方々を顕彰するため、例年功労者の表彰を行っておりますが、本年度につきましては、社会福祉功労として坂本(さかもと)美智子(みちこ)様に、産業功労として落合(おちあい)幸四郎(こうしろう)様、上井(かみい)昭一(しょういち)様並びに沼山(ぬまやま)佐太郎(さたろう)様に、教育文化功労として水戸(みと)正美(まさみ)様にそれぞれ決定し、11月4日に功労表彰を贈呈いたしました。
   ここに、受章されました皆さまの永年にわたるご努力とご労苦に対し、心から敬意と感謝の意を表するところであります。

 

(3  千歳市技能功労者表彰について)

 千歳市技能功労者表彰につきましては、電気工事士の近藤(こんどう)久雄(ひさお)様、とび工の田村(たむら)二郎(じろう)様及び建築塗装工の前田(まえだ)正忠(まさただ)様に決定し、11月4日に贈呈いたしました。

   本市の産業発展のため、永年にわたり尽力されましたご功績に対し、ここに深く感謝の意を表するところであります。

 

(4  千歳市民文化表彰及び千歳市スポーツ表彰について)

 千歳市民文化表彰につきましては、市民文化賞は、永年にわたり吟道の普及振興に尽力され、本市の芸術文化の発展に多大な貢献をされました小松(こまつ)静子(しずこ)様に、市民文化奨励賞は、和装文化の継承発展に寄与されました齋藤(さいとう)京(きょう)様、歌謡文化の普及発展に寄与されました佐藤(さとう)テル子(てるこ)様、並びに郷土文化の継承発展に寄与されました千歳を知る会様に、また、千歳市スポーツ表彰につきましては、スポーツ賞として永年にわたり軟式野球競技の普及と全国・全道大会の運営に尽力されました望月(もちづき)暎夫(てるお)様、並びに永年にわたり居合道の普及及び発展に尽力されました中野(なかの)次男(かずお)様に、スポーツ奨励賞として、第62回国民体育大会においてボクシング競技少年の部ライトウエルター級で第3位に入賞された小澤(おざわ)雄次朗(ゆうじろう)様にそれぞれ決定し、11月4日に贈呈いたしました。
   ここに、地域文化及び地域スポーツの先導者として、本市の芸術・文化・スポーツの振興のために尽力されました皆さまに対し、心から敬意を表するところであります。

 

(5  中国長春市訪問について)
   去る10月24日から28日までの間、「日中交流千歳市民会議」の主催による市制施行50周年記念「千歳・長春  市民交流事業」に参加し、長春市人民政府や日本観光振興機構北京事務所などを訪問いたしました。    
   今回の訪問は、平成16年に長春市において友好親善都市提携を締結して以来となりますが、来年の友好親善都市提携5周年を機に、今後、さらなる友好交流を進めていくことを崔杰(さいけつ)長春市長と確認いたしました。

 

(6  国際航空路線について)

   次に、国際航空路線についてでありますが、去る11月3日に、香港エクスプレス航空による新千歳・香港線が就航いたしました。
   これにより、新千歳・香港線は、既に就航しておりますキャセイパシフィック航空と2社による運航が行われることになり、空港利用者の利便性が高まるとともに観光や経済の相互交流がさらに進展するものと期待しております。

 

(7  在日米軍再編に係る訓練移転について)
   去る11月28日に開催されました「米軍再編に係る千歳基地への訓練移転に関する連絡協議会」において、国から、平成20年12月8日から12日までの期間、嘉手納基地所属の米軍機が最大で5機参加するタイプI規模の日米共同訓練を実施するとの説明を受けました。
   市といたしましては、これまでも、国と市が締結した協定を順守すること、及び周辺住民の安全・安心や騒音などの対策に万全を期すことを強く要望しておりますが、重ねて米軍人の規律維持などについて強く要請したところであります。
   訓練計画の公表後は、市民への周知を行うとともに関係機関との連絡調整会議を開催しており、今後も情報の共有を図りながら、万全の体制を整えてまいります。

 

(8  「北海道における自衛隊の体制維持を求める活動」の実施について)
   去る10月30日、北海道自衛隊協力会連合会の主催により開催されました「北海道における陸上自衛隊の体制維持を求める札幌大会」につきましては、北海道知事をはじめとする道民約1,100名が参加する盛大な大会となり、自衛隊の体制維持を求める決議が採択されております。
   本市からは、「千歳市における自衛隊の体制維持を求める期成会」の会員を主体とする市民241名が参加し、大いに盛り上げていただきました。
   また、11月19日には、期成会として財務省・防衛省などへの中央要望を行ったほか、翌20日には、北海道自衛隊駐屯地等連絡協議会の主催による「北海道における自衛隊の体制維持を求める中央決起大会」において、国会議員17名・北海道議会議員12名・北海道知事や道内75の市町村長など、予想をはるかに上回る260名の関係者が参加し、国に対して自衛隊体制維持に向けたアピールを強く行ったところであります。
   本市からは、市議会議員をはじめ東京千歳会会員など、総勢67名の方々に参加をいただき、大会を盛り上げていただきましたことに対し厚くお礼申し上げます。
   大会終了後には、道内の市町村長とともに財務省や道内選出国会議員などへ要望活動を行ったところでありますが、北海道における自衛隊の体制維持を求める活動は、来年秋頃までが最大のヤマ場と考えておりますので、引き続き積極的な活動を展開してまいります。

 

 

 (9  公共交通の利用促進について)
   公共交通の利用促進につきましては、バスの利便性向上策の一つとして、地域公共交通会議での意見などを参考に、市内バス路線を全て網羅した「ちとせバスガイドマップ」を作成いたしました。
   10月に市内全世帯に配布するとともに、公共施設、宿泊施設などにも置いており、市民からは、たいへんわかりやすく使いやすいとの声が寄せられているところであります。
   今後におきましても、「ビーバスこどもパスポート」の販売や「環境と交通に関するシンポジウム」の開催など、様々なバス利用促進策を実施し、バス路線の安定確保に努めてまいります。

 

(10  レジ袋削減に向けた協定について)
 「レジ袋削減に向けた取り組みに関する協定」につきましては、地球温暖化防止と循環型社会の実現を図ることを目的として、本市と千歳消費者協会が、7月29日に株式会社ラルズと、10月23日にイオン北海道株式会社、株式会社ホクレン商事、生活協同組合コープさっぽろとそれぞれ締結いたしました。
   レジ袋削減活動につきましては、市民や事業者の理解と協力が得られるよう、今後も啓発活動を進めてまいります。

 

(11  企業誘致について)
   企業誘致につきましては、千歳市に本社があります株式会社ダイナックスが、同社工場用地に隣接する千歳市第4工業団地の事業用地を分譲により取得いたしました。
同社は、自動車クラッチディスクの製造を行っており、新工場建設に伴い、社員駐車場を拡張するものであります。
   また、神奈川県藤沢市に本社があります元旦フォームズ株式会社が、空き工場を賃借し、千歳臨空工業団地に進出いたしました。
同社は、建築物の型枠材や補強材を製造・販売しております。
   さらに、千歳市に本社があります株式会社クリーン開発が事業用借地権設定によるリース方式により千歳流通業務団地の同社事業用地を拡張することになりました。
同社は、ビルメンテナンスや廃棄物収集運搬を行っており、事業の拡大に合わせて、新たに事業用地を賃借するものであります。
   また、東京都中央区に本社があります株式会社アスクが、空き工場を賃借し、上長都地区の工業専用地域に進出いたしました。
同社は、ペットフードやペット用品の製造・販売を行っており、新たに物流センターを開設しております。
   この度の進出により、本年度の立地件数は11社となり、本市の産業振興に波及効果をもたらすとともに、今後の企業誘致に弾みがつくものと期待しております。

 

(12  おわりに)
   以上、第3回定例市議会以降における行政の概要についてご報告申し上げましたが、別途、補正予算をはじめ、諸議案を提出しておりますので、よろしくご審議、ご決定を賜りますようお願い申し上げます。

カテゴリー