トップ千歳市について雇用・労働雇用・労働に関するお知らせ

雇用・労働に関するお知らせ

2022年(令和4年)

2022年6月

6月24日

 「女性のためのデジタルお仕事入門オンラインセミナー」の開催について

 北海道からのお知らせです。

7月13日(水)に女性の社会参画に向けた、女性のためのデジタルお仕事入門セミナーをオンラインで開催いたします。

スマートフォンからでも簡単に参加でき、ご自分が画面に映ることもありませんので、お気軽にご参加ください。

申込方法等、詳しくは以下をご覧ください。

デジタルセミナー.pdf (PDF 260KB)

 

6月23日

 新型コロナウイルス感染症の労災補償について

 北海道労働局からのお知らせです。

労働者が、業務の事由により新型コロナウイルス感染症に罹患された場合の労災保険制度があります。

詳しくは、以下をご覧ください。

リーフレット「職場で新型コロナウイルスに感染した方へ」 .pdf (PDF 138KB)

 

2022年5月

5月23日

 【札幌市】高校生向け職業体験イベントご出展企業の募集について

 札幌市がさっぽろ連携中枢都市圏事業として実施している高校生向けの職業体験イベント

「ジモトのシゴト ワク!WORK!」 について、今年度予定しているブース数に空きがございます。

本イベントは「(株)マイナビ」の進学イベントと合同で行っているものであり、学びと仕事を結び付けて将来を考えられるイベントとして、出展企業様、高校生からもご好評をいただいております。

出展にご興味のある企業様は、6月10日(金)までに以下にご連絡下さい。

 

住所 :札幌市中央区北1条西2丁目

担当 :札幌市経済観光局産業振興部地域産業振興課ものづくり産業係

TEL :011-211-2392 FAX :011-218-5130

«令和4年度 ジモトのシゴト ワク!WORK!»

【日時】令和4年9月13日(火)~15日(木) (設営日12日(月)午後)

【場所】つどーむ

 

【札幌市HP】ジモトのシゴト ワク!WORK!

【開催報告書】R3ジモトのシゴト ワク!WORK!.pdf (PDF 3.31MB)

 

5月23日

 厚生労働省からのお知らせです。

厚生労働省では、熱中症予防対策の一層の推進を図るため、関係通達を含む行政情報や熱中症と関連する最新の情報を随時入手できるポータルサイトを立ち上げております。

 詳しくは、以下をご覧ください。

STOP!熱中症 クールワークキャンペーン リーフレット_jp.pdf (PDF 1.12MB)

職場における熱中症予防ポータルサイト(外部サイト)

 

5月18日

 厚生労働省からのお知らせです。

令和4年度労働保険(労災保険・雇用保険)の年度更新期間は、

6月1日(水曜日)から7月11日(月曜日)です。

管轄の労働局・労働基準監督署・金融機関で申告・納付をお願いします。

年度更新の申告書は、管轄の労働局・労働基準監督署への郵送や電子申告でも受け付けており、直接窓口へ出向くことなく申告することができます。

※申告・納付の手続きがお済みでない場合は、管轄の労働局までご相談ください。

年度更新申告書の書き方及び申告・納付方法等の詳細につきましては、厚生労働省ホームページでもご覧いただけます。

厚生労働省 労働保険(労災保険・雇用保険)の年度更新 申告書の書き方パンフレット(外部サイト)

 

5月16日

令和4年度全国安全週間の実施について

 厚生労働省では、産業界における自主的な労働災害防止活動を推進するとともに、広く安全意識の高揚と安全活動の定着を図るため、毎年、全国安全週間を主唱しています。本年も、「令和4年度全国安全週間実施要綱」に基づき、7月1日から7月7日までを安全期間、6月1日から6月30日までを準備期間として、全国一斉に積極的な活動を実施することとしています。

 本年のスローガン

 「安全は、急がず焦らず怠らず」

令和4年度全国安全週間実施要綱.pdf (PDF 222KB)

 

5月10日

令和4年「勤労青少年の標語」及び「勤労青少年の日」、「若者を考えるつどい2022エッセイ募集」について

 令和4年の「勤労青少年の標語」が決定しました。
「地図にない 未来を描く 君であれ」

 『私の幼い頃は未来は無限の可能性に満ちあふれている世界だと思っていた。車は宙を浮いて走り、ロボットがかなりの労働に使われていて(AIとは違うロボットのようなもの)、病気もガンや不治の病もそんなに恐れるほどの存在ではなく。しかし飛躍的に進歩したのは現実には電話くらいしかないと感じている。文明が停滞した理由は、その時に生きていた人間の想像力が確実に減りはじめてきたからだと推測する。』との作者の想いが込められています。
 厚生労働省では、毎年7月の第3土曜日を勤労青少年福祉法で「勤労青少年の日」と定めており、今年の「勤労青少年の日」は7月16日(土曜日)です。「勤労青少年の日」は、働く若者の福祉について、広く国民の関心と理解を深めるとともに、働く若者が社会人・職業人として健やかに成育しようとする意欲を高めることを目的とするものです。

詳しくは、以下をご覧ください。

(一社)日本勤労青少年団体協議会ホームページ(外部サイト)

 

 また、公益財団法人勤労青少年躍進会と一般社団法人日本勤労青少年団体協議会の主催による「若者を考えるつどい2022」が令和4年11月5日(土曜日)に開催されます。これに向けて、これからの時代を担う働く若者の皆さんにスポットライトを当てたエッセイを募集しています。日頃の苦労のなかに見出したささやかな発見や将来の夢をお寄せください。

詳しくは、以下をご覧ください。

若者を考えるつどい2022 働くって何だろう  エッセイ募集(外部サイト)

 

5月9日

令和4年度「外国人労働者問題啓発月間」について

6月は「外国人労働者問題啓発月間」です!

外国人は「ルールを守って」適正に雇用しましょう。

  1. 雇入れる前に、就労が認められるか在留資格を確認してください。
  2. 外国人の雇入れと離職は、必ずハローワークに届け出てください。
  3. 労働保険・社会保険等の加入をはじめ適正な雇用管理を行ってください。

 外国人の雇用に関する詳細については、ハローワーク(24-2177)までお問合せください。

 

2022年4月

4月22日

 厚生労働省からのお知らせです。

「ウクライナから避難民に対するハローワークにおける就労支援」について

 厚生労働省では、ウクライナからの避難民の方に対して、ハローワークを通じて、就労の支援をしております。ハローワークは、出入国在留管理庁が集約したウクライナ避難民への支援の申出を企業をはじめ、外国人向けの様々な求人情報を取り扱っております。

詳しくは、以下をご覧ください。

 

ウクライナからの避難民に対するハローワークにおける就労支援について のご連絡.pdf (PDF 75.2KB)

リーフレット「ハローワークが仕事探しを手伝います」(やさしい日本語版、英語版、ウクライナ語版).pdf (PDF 228KB)

 

4月12日

 北海道からのお知らせです。 

「ハラスメント対策推進セミナー」の開催について

 令和2年6月1日に施行された改正労働施策総合推進法に基づき、令和4年4月1日から、これまで努力義務だった中小企業における「パワーハラスメント防止措置」が義務化されました。

 また、厚生労働省は、2月25日に「カスタマーハラスメント対策企業マニュアル」を公表しております。

このため、ハラスメントのない、安心して働ける就業環境の実現に向けて、道内企業における対応を促進するため、労務管理担当者向けのセミナーを開催します。

○対象者

 道内企業の労務管理担当者

○開催日時

 令和4年4月27日(水)14:30~16:00

○開催方法

 ZOOMを活用したオンライン方式

 申込み方法等、詳しくは以下をご覧ください。

 

01_開催要項.docx (DOCX 14.2KB)

02_チラシ.pdf (PDF 2.14MB)

「カスタマーハラスメント対策企業マニュアル」(外部サイト)

 

2022年1月

1月20日

 石狩振興局からのお知らせです。

「テレワーク環境整備加速化補助金」の「申請サポート窓口」が設置されました。

○受付期間

(3次募集)令和4年1月18日~2月18日

※申請額が北海道の予算額を超える場合、期間中でも受付を締め切ることになります。

○申請サポート窓口

(道)令和3年度テレワーク環境整備加速化補助金申請サポート窓口(外部サイト)

※開設時間:8時45分~17時まで(月~金)

 

補助金等の詳細については、次のホームページにも掲載しております。

(道)テレワーク環境整備加速化補助金(外部サイト)

テレワーク環境整備加速化補助金チラシ(3次).pdf (PDF 911KB)

1月18日

 石狩振興局からのお知らせです。

「テレワーク環境整備加速化補助金」の申請受付が延長されました。

○受付期間

(2次募集)令和4年1月4日~1月17日

(3次募集)令和4年1月18日~2月18日

※申請額が北海道の予算額を超える場合、期間中でも受付を締め切ることになります。

補助金等の詳細については、次のホームページにも掲載しております。

(道)テレワーク環境整備加速化補助金(外部サイト)

テレワーク環境整備加速化補助金チラシ(2次3次).pdf (PDF 1.86MB)

1月4日

令和4年「勤労青少年の標語」について

 令和4年の「勤労青少年の標語」が決定しました。
「地図にない未来を描く君であれ」
 『私の幼い頃は未来は無限の可能性に満ちあふれている世界だと思っていた。車は宙を浮いて走り、ロボットがかなりの労働に使われていて(AIとは違うロボットのようなもの)、病気もガンや不治の病もそんなに恐れるほどの存在ではなく。しかし飛躍的に進歩したのは現実には電話くらいしかないと感じている。文明が停滞した理由は、その時に生きていた人間の想像力が確実に減りはじめてきたからだと推測する』との作者の想いが込められています。
 詳しくは、以下をご覧ください。

 

(一社)日本勤労青少年団体協議会ホームページ(外部サイト)

2021年(令和3年)

2021年12月

12月22日

 石狩振興局からのお知らせです。

「テレワーク環境整備加速化補助金」の申請受付を開始します。

○受付期間

(1次募集)令和3年12月20日~12月28日

(2次募集)令和4年1月4日~1月17日

※申請額が北海道の予算額を超える場合、期間中でも受付を締め切ることになります。

 また、申請額が北海道の予算額に満たない場合、再度の募集を行うことがあります。

補助金等の詳細については、次のホームページにも掲載しております。

(道)テレワーク環境整備加速化補助金(外部サイト)

テレワーク環境整備加速化補助金チラシ(1次2次).pdf (PDF 1.82MB)

2021年10月

10月26日

 11月は「過労死等防止啓発月間」です! 

 近年、我が国においては、過労死等が多発し大きな社会問題となっており、過労死等防止は喫緊の課題となっております。

 過労死等防止対策推進法では、国民の間に広く過労死等を防止することの重要性について自覚を促し、これに対する関心と理解を深めるため、毎年11月を「過労死等防止啓発月間」と定めています。

 このため、厚生労働省では、同月間において、過労死等の一つの要因である長時間労働の削除等、過重労働解消に向けた集中的な周知・啓発等の取組を行う「過重労働解消キャンペーン」を実施します。

 詳しくは、以下をご覧下さい。

過労死等防止啓発月間 リーフレット.pdf (PDF 4.71MB)

厚生労働省「過労死等防止対策推進シンポジウム」(外部サイト)

10月25日

 「育児・介護休業法」改正ポイントのご案内

 令和3年6月9日に公布されました改正育児・介護休業法につきまして、一部の施行期日を定める政令が令和3年9月27日に、また、改正項目に関連して定める政省令が令和3年9月30日にそれぞれ公布されました。

 

・改正内容1~4

 1. 雇用環境整備、個別の周知・意向確認の措置の義務化(令和4年4月1日施行)

 ・育児休業を取得しやすい雇用環境の整備

 ・妊娠・出産(本人または配偶者)の申し出をした労働者に対する個別の周知・意向確認の措置

 2.有期雇用労働者の育児・介護休業取得要件の緩和(令和4年4月1日~)

 3.産後パパ育休(出生時育児休業)の創設(令和4年10月1日~)

 4.育児休業の分割取得(令和4年10月1日~)

詳しくは、以下をご覧下さい。

育児・介護休業法改正ポイントのご案内(外部サイト)

10月8日

 「多様な人材の安定就業促進事業(職場定着の促進)のセミナー開催」について

 北海道経済部産業人材課では、令和3年度、地域活性化雇用創造プロジェクト事業により、企業向けに職場定着についてのセミナーを道内6地域で開催いたします。

【開催地域及び日程】

11月2日(火)旭川市「旭川市民文化会館」第2会議室

11月10日(水)北見市「北見芸術文化ホール」多目的室

11月16日(火)釧路市「釧路市交流プラザさいわい」208号室

11月17日(水)帯広市「とかちプラザ」401号室

11月24日(水)函館市「サン・リフレ函館」中会議室

12月1日(水)札幌市「かでる2・7」1030会議室

 

ウィズコロナ時代における職場定着セミナー.png

ウィズコロナ時代における職場定着セミナー.pdf (PDF 2.72MB)

2021年9月

9月24日

 「令和3年度(第72回)全国労働衛生週間の実施」について

 北海道労働局では、関係各界における労働衛生意識の高揚と事業場における自主的労働衛生管理活動の促進を図るため、「令和3年度全国労働衛生週間実施要綱」に基づき、10月1日から10月

7日までを本週間、9月1日から9月30日までを準備期間として実施することとしました。

 本年度の全体(主)スローガン

 向き合おう!こころとからだの健康管理

として展開するとともに、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた副スローガンを

 うつらぬうつさぬルールとともに、みんなで守る健康職場

と定めていますので、これを契機として、いわゆる“三つの密”を避けることを徹底し、コロナウイルス感染症を防止する取り組みをお願いします。

令和3年度全国労働衛生週間 実施要綱 (PDF 333KB)

2021年8月

8月10日

 「過重労働解消のためのセミナー」について

 厚生労働省からのお知らせです。

 近年では、長時間労働を是正するための法整備が進められてきましたが、更なる過重労働防止対策の推進が求められています。

 このような社会的課題を背景に、過重労働防止に向けた企業の取組を促進することを目的に、長時間労働抑制のために必要な知識やノウハウを習得するためのセミナーを実施いたします。

 オンラインセミナー:55回開催

 会場開催:5都市で開催(札幌・東京・名古屋・大阪・福岡)

 詳しくは、以下をご覧ください。

 過重労働解消のためのセミナー(外部サイト)

8月2日

 「ほっかいどう働き方改革支援ハンドブック」について

 北海道では、中小企業・小規模事業者の方々の働き方改革に向けた取組を支援するため、国や道などが所管する助成金・補助金のほか、相談窓口や企業認定制度など、働き方改革に係る支援制度を一冊にまとめた「ほっかいどう働き方改革支援ハンドブック」を作成しております。

 このハンドブックは、事業主の方々に国や道などの働き方改革に係る支援制度の情報をわかりやすく提供したいという考えから、「テレワークの導入促進に関するもの」、「時間外労働抑制に関するもの」、「非正規社員の処遇改善に関するもの」など、取組の目的別に支援制度を掲載しております。

「ほっかいどう働き方改革支援ハンドブック」(外部サイト)

2021年7月

7月26日

~ものづくり・IT関連、食と観光関連産業分野の事業者の皆さまへ~

 令和3年度地域活性化雇用創造プロジェクト事業のご案内

 北海道では、良質で安定的な正社員雇用を創出するために、北海道の価値を活かしたものづくりIT関連、食と観光関連産業分野を対象とした多様な人材が活躍できる雇用機会の創出、雇用の確保や職場への定着を支援する「地域活性化雇用創造プロジェクト事業」を実施しています。

 詳しくは、以下をご覧下さい。

地域活性化雇用創造プロジェクト事業(外部サイト)

 

7月19日

 「第10回北海道産業人材育成企業知事表彰」候補企業の募集について

 北海道では、産業人材の育成を積極的に推進している中小企業等を表彰し、広く道民の方や道内の中小企業に周知することにより、民間主導の産業人材育成の取組を推進し、道内経済の活性化を図っています。

 つきましては、令和3年度(2021年度)の表彰候補企業を募集しますので、ご応募お待ちしております。

1.  応募期間

 令和3年7月15日(木)~令和3年9月17日(金)<必着>

2.  表彰対象等

 次の分野において事業を行っている道内の中小企業等

 ・食品産業

 ・観光産業

 ・ものづくり産業

 ・ソーシャルビジネス(社会的課題解決を図る事業)

 ・福祉・介護

R3募集通知.doc (DOC 37KB)

第10回北海道人材育成企業知事表彰(募集チラシ).pdf (PDF 851KB)

R3応募用紙(様式1~2).doc (DOC 45.5KB)

R3 応募要領.doc (DOC 43.5KB)

 詳細は、次のホームページにも掲載しております。

 北海道労働政策局産業人材課(外部サイト)

 

7月7日

 石狩振興局からのお知らせです。

 「テレワーク環境整備事業費補助金」の申請受付を開始します。

○受付期間

 令和3年7月1日~令和4年3月31日

補助金等の詳細については、次のホームページにも開催しております。

(道)テレワーク環境整備事業費補助金

(国)人材確保等支援助成金(テレワークコース/機器等導入助成)

2021年6月

6月24日

 石狩振興局からのお知らせです。

 新型コロナウイルス感染症の影響により、観光客の激減で事業の継続や従業員の雇用維持に苦慮している観光関連の産業がある一方で、「日本の食」を支えている北海道の基幹産業の農業などでは、これから農繁期を迎えるに当たり深刻な人材不足に直面しています。

 このため、道では「北海道短期おしごと情報サイト」を立ち上げ、人材を必要としている企業等の求人情報を提供し、一時帰休などの状況にあって短期的に働きたい希望を持つ方々やアルバイト先が無くなり困っている学生の方などを繋げることにより、生産維持・事業継続をサポートします。

北海道短期おしごと情報サイト_チラシ.pdf (PDF 1.36MB)

 

6月17日

 石狩振興局からのお知らせです。

1【「石狩管内企業と学生との課題解決協働事業」について】

 <参加企業募集のご案内>

 本事業は、ゼミ単位で行う課題解決型インターンシップです。

 企業が抱えている課題を提供いただき、その課題について酪農学園大学の学生達が企業見学やゼミの議論等を通じて解決策を検討し、その解決策を企業様に提案いたします。

 企業と学生の協働による課題解決策の検討・研究を通じて、地元企業の技術・取組に対する認知度や学生の社会人力の向上を図るとともに、企業と大学との連携促進により、若者の地元定着を目指します。

 学生ならではの新鮮な視点による提案を期待いただき、本事業へのご理解とご参加をお待ちしております。

まとめて!企業力向上・若者地元定着関連イベント情報(さっぽろ圏)

令和3年度 石狩管内企業と学生との課題解決協働事業.pdf (PDF 3.19MB)

 

2【「石狩管内企業人材確保力・定着力向上支援事業」について】

 <人材育成・定着力向上のための研修会>開催

 北海道石狩振興局では、石狩管内の事業者(ものづくり。IT関連産業、食・観光関連産業)の皆様を対象に、人材確保力向上を支援する研修会をオンライン(ZOOM使用)で実施いたします。

 <合同企業説明会>開催

 北海道石狩振興局では、上記研修参加企業様からご希望により、個別面談方式による合同企業説明会を実施いたします。

 つきましては、皆様のご参加をお待ちしております。

3つの企業力を強化します!

参加・相談申込書.pdf (PDF 1.18MB)

 

6月16日

厚生労働省から職場における熱中症予防対策のためのポータルサイトについて、お知らせです。

 厚生労働省では熱中症予防対策の一層の推進を図るため、関係通達を含む行政情報や熱中症と関連する最新の情報を随時入手できるポータルサイトを立ち上げました。
 詳しくは、以下をご覧ください。

STOP!熱中症 クールワークキャンペーン リーフレット (PDF 1MB)

働く仲間を熱中症リスクから守る WBGT値を把握して熱中症を予防しましょう!リーフレット (PDF 1.42MB)

厚生労働省 職場における熱中症予防対策ポータルサイト(外部サイト)

 

6月4日

厚生労働省から労働保険のお知らせです。

令和3年度労働保険(労災保険・雇用保険)の年度更新期間は、

6月1日火曜日から7月12日月曜日です。

管轄の労働局・労働基準監督署・金融機関で、申告・納付をお願いします。
年度更新の申告書は、管轄の労働局・労働基準監督署への郵送や電子申請でも受け付けておりますのでご活用ください。
なお、年度更新期間内に申告・納付の手続きが困難な場合には、下記の年度更新コールセンターまでご相談ください。

(0800-555-6780)(開設期間は令和3年5月31日月曜日から7月16日金曜日まで。通話料無料。)

年度更新申告書の書き方及び申告・納付方法等の詳細につきましては、年度更新申告書に同封しているパンフレットをご参照ください。また、厚生労働省ホームページでもご覧いただけます。

厚生労働省 労働保険(労災保険・雇用保険)の年度更新 申告書の書き方パンフレット(外部サイト)

 

2021年5月

5月10日

令和3年「勤労青少年の標語」及び「勤労青少年の日」について

 令和3年の「勤労青少年の標語」が決定しました。
「やりがいを見つけた君にエールの輪」
 『コロナ禍の今、職を失ったり、希望の仕事に就けなかったり。けれども、コロナに負けず!腐らず!諦めず!― このピンチを「やりがい」を見つけるチャンスに変えてください。勤労青少年の皆さんへのエールの輪が広がり、皆さんが明るい未来に活躍されることを願っています。』との作者の想いが込められています。
 また、厚生労働省では、毎年7月の第3土曜日を勤労青少年福祉法で「勤労青少年の日」と定めており、今年の「勤労青少年の日」は7月17日(土)です。「勤労青少年の日」は、働く若者の福祉について、広く国民の関心と理解を深めるとともに、働く若者が社会人・職業人として健やかに成育しようとする意欲を高めることを目的とするものです。
 詳しくは、以下をご覧ください。

(一社)日本勤労青少年団体協議会ホームページ(外部サイト)

 

5月7日

外国人労働者の人事・労務支援ツールを作成しました

 厚生労働省は、企業の人事・労務に関する多言語による説明や、お困りごとの背景にある文化ギャップを埋めることに役立つ3つの支援ツールを作成しました。さらに、事業の成果である翻訳データを総務省と国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)に提供しました。

 詳しくは、以下をご覧ください。

 

外国人労働者の人事・労務支援ツールを作成しました (PDF 1.17MB)

外国人労働者の人事・労務に役立つ支援ツールの開発 (PDF 906KB)

厚生労働省 外国人労働者の人事・労務に役立つ3つの支援ツールを作成しました(外部サイト)

 

2020年(令和2年)

2020年10月

10月14日

11月は「過労死等防止啓発月間」です!

 近年、我が国においては、過労死等が多発し大きな社会問題となっており、過労死等防止は喫緊の課題となっております。

 過労死等防止対策推進法においては、過労死等の防止のための対策は、過労死等を防止することの重要性について国民の自覚を促し、これに対する国民の関心と理解を深めること等により行わなければならないと定めるとともに、毎年11月を「過労死等防止啓発月間」と定めております。

 詳しくは、以下をご覧ください。

 

過労死等防止啓発月間 パンフレット (PDF 4.39MB)

過労死等防止啓発月間 リーフレット (PDF 745KB)

厚生労働省「過労死等防止対策シンポジウム」(外部サイト)

 

2020年5月

5月8日

令和2年「勤労青少年の標語」及び「勤労青少年の日」について

令和2年の「勤労青少年の標語」が決定しました。
 「君らしく君の歩幅で一歩ずつ」
 『若者には皆、自分らしい自分だけの個性がある。その個性を大切にし、急がず焦らずそれぞれの歩幅で一歩ずつ着実に歩んで欲しい。君たちの進む先には、輝く未来がきっと待っている。』との作者の想いが込められています。
 また、厚生労働省では、毎年7月の第3土曜日を勤労青少年福祉法で「勤労青少年の日」と定めており、今年の「勤労青少年の日」は7月18日(土)です。「勤労青少年の日」は、働く若者の福祉について、広く国民の関心と理解を深めるとともに、働く若者が社会人・職業人として健やかに成育しようとする意欲を高めることを目的とするものです。
詳しくは、以下をご覧ください。

(一社)日本勤労青少年団体協議会ホームページ(外部サイト)

 

2020年1月

1月22日

「テレワーク総合ポータルサイト」が開設されました!!

  テレワークに関しては、「言葉は聞いたことはあるが、よく分からない」、「どんなメリットがあるのか分からない」、「テレワークを導入したいが手順が分からない」、「テレワークは今どのような状況なのか調べたい」と思う方も多数いらっしゃると思います。
   厚生労働省では、テレワークに関する情報を集約し、様々な情報にアクセスしやすくするため、「テレワーク総合ポータルサイト」を開設いたしました。ぜひ、ご活用いただき、テレワークの導入、知識の拡大、事例研究、助成金活用を進めていただきますよう、お願いいたします。

 詳しくは、以下をご覧ください。

 

テレワーク総合ポータルサイト リーフレット.pdf (PDF 690KB)

テレワーク総合ポータルサイト(外部サイト)

 

1月9日

令和2年3月から外国人雇用状況の届出において、在留カード番号の記載が必要となります。

 令和2年3月1日以降に、雇入れ、離職をした外国人についての外国人雇用状況の届出において、在留カード番号の記載が必要となります。

 外国人雇用状況届出における届出方法は、雇用保険被保険者の場合とそれ以外の場合で、届出方法が異なりますのでご注意ください。

 詳しくは、以下をご覧ください。

 

外国人雇用状況の届出において、在留カード番号の記載が必要となります (PDF 1.88MB)

厚生労働省「外国人雇用状況の届出」(外部サイト)

厚生労働省「外国人雇用状況の届出」届出様式について(外部サイト)

 

※以下の項目は、クリックすると詳細が開きます。

カテゴリー

公開日: