トップ市民向け妊娠・出産・子育て妊娠・出産千歳市一般不妊治療費助成事業

千歳市一般不妊治療費助成事業

不妊治療費については、令和4年度から保険適用となっています。ただし、令和4年度は令和3年度に終了した治療や年度をまたぐ1回の治療等要件を満たした場合は、経過措置として助成します。

対象者

次のすべてに該当する方が対象となります。

  • 人工授精に係る治療を受けた、婚姻をしている市民
  • 助成対象となる治療を開始した日における妻の年齢が43歳未満
  • 夫婦合算所得が、730万円未満の方
  • 治療期間の初日が令和4年3月31日以前であり、令和5年3月31日までの間に1回の治療が終了した方

対象治療

  • 医師の診断により、人工授精に係る保険適用外の治療が対象です。
  • 医療保険の有無にかかわらず対象となりますが、医師の診断に基づく治療に限ります。
  • 助成対象となる治療であっても、人工授精を行っていない場合は助成対象となりません。
  • 文書料、食事療養費標準負担額、個室料など治療に直接関係しない費用は対象になりません。

助成額

人工授精に係る保険適用外治療について、1年度(4月から翌年3月までの診療分)あたり3万円を上限に助成します。

助成期間

通算2年度が対象期間です。

申請方法

次の書類をそろえて、総合保健センター(母子保健課母子保健係)へ申請してください。

(1)千歳市不妊治療費助成事業申請書 (PDF 104KB) 

(2)一般不妊治療費助成事業受診等証明書 (PDF 103KB) 

(3)領収書

(4)夫及び妻の所得証明書

(5)市税の滞納がないことの証明書(夫及び妻の納税証明書)

(6)印鑑

(7)通帳またはキャッシュカード

申請期間

治療が終了した年度の3月31日まで

※医療機関における一般不妊治療費助成事業受診等証明書の発行については、申請から発行までに期間を要することがありますのでご注意ください。

カテゴリー

公開日: