トップ市民向け避難所

避難所

避難マーク

災害のおそれがある場合、状況に応じて市から「【警戒レベル3】避難準備・高齢者等避難開始」「【警戒レベル4】避難勧告、避難指示(緊急)」「【警戒レベル5】災害発生情報」が出されます。

 

 

避難勧告等により立退き避難が必要な居住者等に求める行動

区分

住民に求める行動

 

発表される情報の例

【警戒レベル3】

避難準備・高齢者等避難開始

危険な場所から高齢者等避難

・避難に時間のかかる要配慮者とその支援者は立退き避難する。

・その他の人は立退き避難の準備を整えるとともに、以後の防災気象情報、水位情報等に注意を払い、自発的に避難を開始することが望ましい。

・特に、突発性が高く予測が困難な土砂災害の危険がある区域や急激な水位上昇の恐れがある河川沿いでは、避難準備が整い次第、当該災害に対応した指定緊急避難場所へ立退き避難することが強く望まれる。

【警戒レベル3】避難準備・高齢者等避難開始の伝達文(例)

緊急放送、緊急放送、警戒レベル3、高齢者等避難開始。

緊急放送、緊急放送、警戒レベル3、高齢者等避難開始。

 こちらは、防災ちとせです。○○地区に、土砂災害(洪水)に関する警戒レベル3、避難準備・高齢者等避難開始を発令しました。土砂災害の危険性が高まることが予想されます(○○川が氾濫する恐れのある水位に近づいています)。お年寄りの方など避難に時間のかかる方は、避難を開始して下さい。それ以外の方も、避難の準備を整え、気象情報に注意して、危険だと思ったら早めに避難して下さい。

 崖の付近(川沿い)にお住まいの方は、避難して下さい。避難場所への避難が困難な場合は、近くの安全な場所に避難して下さい。

【警戒レベル4】

避難勧告

避難指示(緊急)

危険な場所から全員避難

・当該災害に対応した指定緊急避難場所等へ速やかに立退き避難する。

・指定緊急避難場所への立退き避難はかえって命に危険を及ぼしかねないと自ら判断する場合には、「近隣の安全な場所」※1への避難や、少しでも命の助かる可能性の高い避難行動として「屋内安全確保」※2を行う。

・避難指示(緊急)は、地域の実情に応じて緊急的または重ねて避難を促す場合などに発令されるものであり、必ず発令されるものではないことに留意する。

【警戒レベル4】避難勧告の伝達文(例)

緊急放送、緊急放送、警戒レベル4、避難開始。

緊急放送、緊急放送、警戒レベル4、避難開始。

 こちらは防災ちとせです。○○地区に土砂災害(洪水)に関する警戒レベル4、避難勧告を発令しました。土砂災害の危険性が高まっています(○○側が氾濫する恐れのある水位に到達しました)。○○地区の方は、速やかに全員避難を開始して下さい。

 避難所への避難が危険な場合は、近くの安全な場所に避難するか、屋内の高いところに避難して下さい。

【警戒レベル4】避難指示(緊急)の伝達文(例)

緊急放送、緊急放送、警戒レベル4、直ちに避難。

緊急放送、緊急放送、警戒レベル4、直ちに避難。

 こちらは、防災ちとせです。○○地区に土砂災害(洪水)に関する警戒レベル4、避難指示を発令しました。土砂災害の危険性が極めて高まっています(○○川の水位が堤防を越える恐れがあります)。○○地区で、未だ避難できていない方は緊急に避難を完了してください。

 避難場所への避難に限らず、近くの安全な建物に緊急に避難するか、屋内の高いところに緊急に避難して下さい。

 

  

【警戒レベル5】

災害発生情報

災害発生

・既に災害が発生している状況であり、命を守るための最善の行動をとる。

・市町村が災害発生を確実に把握できるものではないため、災害が発生した場合に必ず発令されるものではないことに留意する。

【警戒レベル5】災害発生情報の伝達文

緊急放送、緊急放送、警戒レベル5、命を守る最善の行動をとってください。

緊急放送、緊急放送、警戒レベル5、命を守る最善の行動をとってください。

 こちらは防災ちとせです。○○地区に土砂災害に関する警戒レベル5、災害発生情報を発令しました。○○地区で土砂災害の発生が確認されました(○○地区で堤防から水があふれだしました)。現在、土砂により(浸水により)○○道は通行できない状況です。○○地区を避難中の方は大至急、近くの安全な場所に避難するか、屋内の安全な場所に避難して下さい。

  

  ※1  「近隣の安全な場所」とは、指定緊急避難場所ではないが、近隣のより安全な場所・建物等

  ※2   「屋内安全確保」とは、その時点にいる建物内において、より安全な部屋等への移動    

 

 

  これらの情報は防災行政無線や携帯電話(スマートフォン)、テレビ、ラジオ、広報車などの様々な手段を通じて皆さんに伝えられますので、十分注意を払いましょう。また、危険を感じた場合はこれらの情報が出る前でも自主的に避難してください。

 

指定緊急避難場所

切迫した災害の危険から命を守るために避難する場所です。主に地域の公園、学校などを指定緊急避難場所に指定しています。

指定緊急避難場所一覧 [216KB pdfファイル]アイコン画像  

指定避難所

災害により住宅を失った場合等において、一定期間避難生活をする場所です。学校をはじめ、コミュニティセンター、町内会館などの施設を指定避難所に指定しています。

指定避難所一覧 (PDF 297KB)

 

広域避難所

地震などにより火災が延焼拡大するなどして、地域全体が危険になったときに避難する場所として、大規模な公園を広域避難所に指定しています。

広域避難所一覧 [48KB pdfファイル]アイコン画像 

 

福祉避難所

災害の発生状況により避難が長期間に亘る場合に、要配慮者を対象として必要に応じ開設する避難所として、福祉センターなどの施設を福祉避難所に指定しています。
福祉避難所は、専門的な支援や援護の必要性の高い避難者のために開設するもので、一般の指定避難所で生活可能な避難者は利用できません。
また、福祉避難所は、災害の種類や被害の大きさ、被災した施設や家屋、避難されている方の状況などを踏まえて開設することとしており、一般の指定避難所と開設の時期が相違する場合があります。

福祉避難所一覧 [66KB pdfファイル]アイコン画像 

 


このページに掲載されている情報の担当部署・お問い合わせ先

カテゴリー

公開日: