トップ市民向け妊娠・出産・子育て妊娠・出産「赤ちゃんとお母さんの感染予防対策5ヶ条」

「赤ちゃんとお母さんの感染予防対策5ヶ条」

母子感染に関する啓発を目的に、公益社団法人日本周産期・新生児医学会、日本小児科学会、日本産科婦人科学会、及び日本産婦人科医会より「赤ちゃんとお母さんの感染予防対策5ヶ条」がまとめられています。

 

風疹ウイルス、サイトメガロウイルス、B型肝炎ウイルス、トキソプラズマなどの微生物は、妊娠中、分娩中、または産後に、お母さんから赤ちゃんに感染して、赤ちゃんに病気を起こすことがあります。感染予防対策について、正しい知識を身に着けておくことが大切です。

赤ちゃんとお母さんの感染予防対策5ヶ条.pdf (PDF 63.4KB)

カテゴリー

公開日: