献血について

市内における献血について

 健康な血液が支える尊い生命

 患者さんの生命を守るのは、献血から生まれる愛の贈り物

 

 大量の輸血を必要とする高度医療の進展などにより、安全な輸血を支える献血の重要性はますます高まっています。

 当市においても、献血バスが市内の事業所を巡回し定期的に献血を実施しています。

 安全な血液を安定的に医療機関に供給するために、皆さまの献血へのご理解とご協力をお願いします!!

市内の献血バス運行スケジュールを確認する

 けんけつちゃん画像

献血基準

 健康な方ならば、献血による体への影響はほとんどありません。

 しかし、体調を崩していたり、健康状態の良くない時に献血をすると健康を損ねる場合もあります。

 献血者の健康を守り、また輸血を受けられる方の安全性を高めるためにさまざまな基準を設けています。

採血基準

  400mL献血 200mL献血
1回献血量 400mL 200mL
年齢

男性17歳~69歳

女性18歳~69歳

16歳~69歳
体重 男女とも50kg以上

男性45kg以上

女性40kg以上

最高血圧

90mmHg以上

血色素量

男性13g/dL以上

女性12.5g/dL以上

男性12.5g/dL以上

女性12g/dL以上

年間献血回数

男性3回以内

女性2回以内

男性6回以内

女性4回以内

年間総献血量

400mL献血と200mL献血を合わせて

男性1,200mL以内

女性800mL以内

※65歳以上の方の献血については、献血いただく方の健康を配慮し、60~64歳の間に献血経験がある方に限ります。

 献血について詳しく知りたい方は下記リンクをご参照ください。

献血基準(日本赤十字社のホームページに移動します)

400mL献血の重要性

 人間一人ひとりの血液は、血液型が同じでも微妙に異なっているため、多数の献血者から輸血するほど、副作用(発熱、発疹等)発生の可能性が高くなります。

 日本赤十字社では、患者さんの負担を大きく軽減できる、患者さんにやさしい献血方法である400mL献血のご協力をお願いしています。

市内の献血にご協力いただいている事業所等

公的機関

航空自衛隊千歳基地、陸上自衛隊東千歳駐屯地、陸上自衛隊北千歳駐屯地、千歳保健所、千歳警察署、千歳アルカディアプラザ、千歳市消防本部

事業所

ecoaハウス、中山建設、ダイナックス、デンソー北海道、パナソニック、セイコーエプソン、IHIアグリテック、キリンビール、文化シヤツター、日本血液製剤機構、ダイヘン、ミツミ電機、北海道日興電気通信、JA道央千歳支店、北央三菱自動車販売、北海道日野自動車、SUMCO、マテック、トヨタユーゼック、新千歳空港、ヤマト運輸、ブリヂストンBRM

医療機関

市立千歳市民病院、北星病院

商業施設

ちとせモール、コープさっぽろパセオすみよし店、スーパーアークス千歳店、ラッキー千歳錦町店、フードD365千歳店、道の駅サーモンパーク千歳、スーパーセンタートライアル千歳清流店

学校

公立千歳科学技術大学、日本航空専門学校、北海道千歳リハビリテーション大学

協力団体

千歳ライオンズクラブ、千歳中央ライオンズクラブ、千歳市赤十字奉仕団

献血協力事業所の募集

 上記の工業・商業関係事業所、駐屯地及び基地、公共機関などのご協力・ご支援により、千歳市は、近隣市町村の中でも高い献血率を維持し、また、400mlの献血割合も高くなっております。

 しかし、将来的には、少子高齢化の進行などにより、血液の安定供給が難しくなることが懸念されており、北海道赤十字血液センターでは、定期的に献血にご協力いただける事業所を常時募集しております。

 献血バスを呼ぶ(北海道赤十字血液センターのホームページに移動します)

カテゴリー

公開日: