みんなで生き生き活力創造都市

千歳市
City of Chitose

北海道千歳市公式ホームページ
- City of Chitose

サイトマップ
ホームくらし生活・環境ごみとリサイクル段ボール箱を使った生ごみ堆肥づくりの方法

段ボール箱を使った生ごみ堆肥づくりの方法

 

【準備するもの】

 
   

 

 

 

1 容器

  • 段ボール箱1個(縦30cm×横45cm×高さ30cm程度のみかん箱などの厚めの箱)
  • 下敷き(底をニ重にして強度を上げるため)、容器のフタ用の段ボール箱1個

2 容器(段ボール箱)をのせる台

  • 木片やスノコ(風通しをよくするため)

3 基材

  • ピ-トモス15ℓ、もみ殻くん炭10ℓ(園芸店、ホ-ムセンタ-で購入できます。)

  ※ピートモスともみ殻くん炭が混合された「ピートくん」という商品もあります。

4 その他

  • シャベル(段ボール内をかき混ぜるため)
  • はかり(投入する生ごみの計量用)
  • 温度計(100度計。生ごみ分解時の温度変化の確認用)
  • 布テープ(段ボール箱で容器を作るため)

 

【容器の作り方】

 

段ボール箱の底や上ぶた

を立ててテープでとめる

 

容器(段ボール箱)の底

を2重にする

 

ピートモス15ℓ
もみ殻くん炭10ℓ

 

容器(段ボール箱)の下

に木片やスノコを置く

 

  1. 段ボール箱(容器)の底から基材が出ないように隙間を布テ-プでふさぎ、本体の上ふたを立てて、角を布テープでとめて箱を深くします。※防水加工を施した段ボールは使用しないでください。
  2. 箱の底に中から下敷き用の段ボールを1枚敷き、二重底にします。  

  3. 基材のピ-トモス(15ℓ)、もみ殻くん炭(10ℓ)の割合で段ボ-ル箱の中に入れ、ムラがなくなるように混ぜながら手で触れてしっとりするくらいの水を注ぎます。※混ぜる際は段ボールを傷めないように注意してください。 
  4. 温度が15~20℃位(10度以下では分解しません。)の場所で、通気性を良くするため壁から5cm以上離し、木片やスノコの上に容器を置いてください。

 

【堆肥化の進め方】

 

生ごみを入れたらよくか

き混ぜる

温度変化の確認
 

基材の固まりが多くなっ

たら終了

 

  1. 生ごみ(水気の多い物は水切りする)は、投入初日は量を多めに(1kg程度)入れ、分解が始まる2~10日までは少なめに(500g程度)入れます。※開始直後の基材は乾いているので、コップ1~2杯程度の水か湯を足してください。
  2. 生ごみは真ん中に投入してください。(ダンボール箱がふやけるのを防ぐため)
  3. 生ごみを入れるたびに(生ごみを入れない日も)全体をよくかき混ぜ空気が中に入るようにします。(酸素をとりいれると発酵が進みやすくなります。)
  4. 温度計を基材の中心部に差し、温度変化で微生物の働きを確認する。生ごみを入れたり、かき混ぜる時以外はふたをします。(保温、防虫、防臭のため)
  5. 3か月くらいを目安に、分解が遅くなり、基材の固まりが多くなったら終了し、1か月ねかせてから土と混ぜ堆肥としてお使いください。

 

【開始直後に気をつけること 

  • 最初は微生物がほとんどいないため、すぐに発酵分解は始まりません。7~10日間生ごみを入れ続けていると微生物が増え、発酵分解も活発になり温度も40度台になって生ごみは減ってきます。
  • 箱の中の温度が40度程度に上がるまでは、15~20度位の所へ常時置いておかないと微生物が動き出しません。
  • 白い力ビが表面に生えても微生物の一種なので、心配なくかくはんを続けてください。
  • 段ボールは生ごみの水分を逃がしたり、発酵に必要な空気を通したりするので、通気性のないビニールなどでおおわないでください。

 

【温度、臭いの管理 

  • 温度が上がると分解は早くなり、臭いも出やすくなります。温度が上がらなくても分解はゆっくリ確実にされます。
  • 軽い力ビ臭、需れた土や畑の臭いは多少あります。入れる生ごみの種類により変化します。
  • 温度が上がらない場合は、米ぬか、きな粉、砂糖、廃食用油などを少量入れてください。
  • 生ごみを入れる量が多かったり、かくはんが不十分だと臭いのもとになります。
  • イカの内臓、塩から、魚のあらなどは臭いが出やすい。
  • 柑橘類の皮やコーヒーかすなどを入れると臭いがやわらぎます。
  • 貝、牛・豚骨、塩分の多い物、トウキビの芯などは分解が遅い。

 

【こんなときはどうするの?】

 

段ボールを使った生ごみ堆肥化のQ&A集.pdf (PDF 6.05KB)

 

 

  • 市では、毎年市内で行われています「リサイクルフェスティバル」や「ちとせ消費者まつり」などのイベント会場で、段ボールを使った生ごみ堆肥化セットを無料で配布しています。
  • 段ボールを使った堆肥化についてのお問合せは、廃棄物対策課資源循環推進係までご連絡ください。

 

このページに掲載されている情報の担当部署・お問い合わせ先

カテゴリー