トップもしものとき救急・急患119番のかけ方

119番のかけ方

火事と救急は119番です。「落ち着いて・ゆっくり・はっきり」と伝えましょう。

 

キャプション
千歳消防からの問いかけ 通報者の通報要領
119番千歳消防です。火事ですか?救急ですか? 火事です。
住所を教えてください。 ○○町○○丁目○○番○○号○○商店です。
〔アパートなどの場合は、名称、何階の何号室まで伝えてください。〕
何が燃えていますか? 1階台所の天ぷら鍋が燃えています。
あなたのお名前と電話番号を教えてください。 名前は○○○○電話番号は○○の○○○○です。
わかりました。  

 

 

キャプション
千歳消防からの問いかけ 通報者の通報要領
119番千歳消防です。火事ですか?救急ですか? 救急です。
住所を教えてください。 ○○町○○丁目○○番○○号○○アパートです。
どうしましたか? ○○が風呂で倒れました。
[傷病者の年齢、性別、何をしてどうなったかを簡潔に見たままの状態を伝える。]
意識はありますか? 意識の有無を伝える。
呼吸はしていますか? 呼吸の有無を伝える。
あなたのお名前と電話番号を教えてください。 名前は○○○○電話番号は○○の○○○○です。
わかりました。救急車が向かいますのでサイレンが聞こえたら案内してください。  

 

 意識とは?

  呼びかけや肩をたたいたときに、うなずいたり、返事をしたり、手足を動かすことができなければ意識が無いと判断してください。このときは呼吸も心臓も停止している可能性があります。『心肺蘇生法』を消防職員が電話口で指導します。

 心肺蘇生法とは?

  心臓マッサージと人工呼吸をすることですが、人が倒れてすぐに心肺蘇生法を行うと助かる可能性が高くなります。家族や大切な人を助けるために救命講習会に参加しましょう。

携帯電話通報時の注意事項

1  いつでも通信できるよう電源を切らないようにする。(消防からかけ直す場合があります。)

2  車で走行中の場合、車を停車させてから通報する。

3  自分の携帯電話番号を言えるようにしておく。

4  通報する場所によっては、近隣の消防本部につながる場合があります。

5  GPS機能付きのスマートフォンはGPS機能を有効にしたうえで通報していただくようお願いします。

※通報時、GPS機能を有効化することにより通報者が現在地をわからない場合でも発信場所が特定され、消防車や救急車が迅速に災害発生現場に到着できます。

 

注)携帯電話で通報する場合、電波状態により消防につながらない可能性がありますので、近くに公衆電話、一般電話がある場合、その電話を利用して下さい。

通報時、市外局番(0123)は必要ありません。  

 

カテゴリー

お問い合わせ

指令1・2係

電話:
0123-23-3062

公開日: