トップ市民向け生活・環境建築物・建築確認公共建築物のシックハウス対策について

公共建築物のシックハウス対策について

公共建築物のシックハウス対策について

 

  新築やリフォームをした住宅に入居した人の、目がチカチカする、喉が痛い、めまいや吐き気、頭痛がするなどの「シックハウス症候群」が問題となっております。この対策の一環として、平成15年7月1日より建築基準法の改正に伴い、法規制がなされましたが、建築基準法さえ守っていればシックハウス対策は十分というわけではありません。住宅選びに当たっては、トルエン、キシレンなどの他の化学物質対策も必要となります。

  また、家具や殺虫剤、化粧品、タバコなども化学物質の発生源となることから、身の回りの日用品や換気など、住まい方にも十分気をつけましょう。  なお、千歳市が建設する建物においては、「公共建築物の化学物質空気汚染の予防に関する建築方針」を策定し、室内空気化学物質汚染による居住者の健康への影響を低減する建物造りを推進しております。

 

 

 

 

 

 

このページに掲載されている情報の担当部署・お問い合わせ先

カテゴリー

公開日: