トップ市民向け健康・福祉電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金について
トップ事業者向けお知らせ電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金について
トップ新着・イベント新着情報電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金について

電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金について

電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金

 電力・ガス・食料品等の価格高騰による負担増を踏まえ、特に家計への影響が大きい低所得世帯(住民税非課税世帯等)に対して、1世帯あたり5万円を支給します。

給付対象

次のいずれかにあてはまる世帯が給付対象となります。
※給付金を受給するためには手続きが必要です。 →手続方法はこちら

1.住民税非課税世帯

(1) 令和4年度住民税非課税世帯

基準日(令和4年9月30日)に千歳市に住民登録があり、世帯全員の令和4年度分の住民税(均等割)が非課税の世帯
※世帯の全員が、住民税が課税されている方に扶養されている世帯は給付対象となりません。自分が扶養されているか分からないときは、必ず家族に確認してください。
 

対象外の例
●一人暮らしの学生で、学生本人は非課税だが、父親に扶養されており、父親は住民税が課税されている
●夫が単身赴任中で、妻と子供2人は非課税だが、3人とも夫に扶養されており、夫は住民税が課税されている
●別世帯の息子に扶養されている親世帯で、親世帯は全員非課税だが、息子は住民税が課税されている

※意図的に虚偽の申請をした場合は不正受給として詐欺罪に問われる場合があります。

 

※「高齢者世帯等生活支援給付金」 該当世帯について 
・令和4年度住民税非課税世帯に該当する世帯で、基準日において「高齢者(65歳以上)のいる世帯」又は「障害者手帳をお持ちの方がいる世帯」で「子育て世帯生活支援特別給付金」の対象とならない世帯は、「高齢者世帯等生活支援給付金」として1世帯当たり1万2千円を追加し、合計6万2千円を支給します。 
・「高齢者世帯等生活支援給付金」についてのお問い合わせは、高齢者支援課へのお問い合わせフォーム(ページが移動します)又は障がい者支援課へのお問い合わせフォーム(ページが移動します)までお願いいたします。

 

2.家計急変世帯

予期せず家計が急変し、世帯全員が住民税非課税相当となった世帯

申請時点で千歳市に住民登録があり、予期せず収入が減少し、令和4年1月から12月までの任意の1か月の収入額を12倍した年間収入見込み額が、下記表の金額を下回る世帯

〔非課税相当限度額早見表〕

扶養している親族の状況

非課税相当限度額

(収入額ベース)

非課税相当限度額

(所得額ベース)

単身又は扶養親族がいない場合

97.0万円以下

42.0万円以下

配偶者・扶養親族(計1名)を扶養している場合

 148.0万円以下

93.0万円以下

配偶者・扶養親族(計2名)を扶養している場合

190.4万円未満

125.0万円以下

配偶者・扶養親族(計3名)を扶養している場合

236.0万円未満

157.0万円以下

配偶者・扶養親族(計4名)を扶養している場合

281.6万円未満

189.0万円以下

障害者、未成年者、寡婦、ひとり親の場合

204.4万円未満

135.0万円以下

・収入の種類は「給与収入」「事業収入」「不動産収入」「年金収入」の4種類とし、これ以外の収入は計算に含みません。
・非課税の年金収入(遺族年金や障害者年金など)は、計算に含みません。
・収入では要件を満たさない場合、1年間の所得で判定することができます。
・令和4年1月以降の月であれば、住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金における家計急変世帯として申請した月と同一月により申請することもできます。ただし、申請当時と世帯員等の変動がない場合に限ります。
※意図的に虚偽の申請をした場合は不正受給として詐欺罪に問われる場合があります。

給付額・給付時期

給付額

1世帯あたり5万円を、世帯主に給付します。 ※1世帯あたり1回限り

給付時期

手続き後、概ね4週間程度で支給しますが、混雑状況によっては、多少遅れる可能性があります。

手続方法・申請方法

世帯の状況により、手続方法が異なります。以下を確認し、必要な手続きを行ってください。

1.令和4年度住民税非課税世帯

①世帯全員が、令和4年1月1日時点で千歳市にお住まいの場合

該当すると思われる世帯(世帯主)には、確認書を11月8日に発送いたしました。
確認書が届いた方は、内容(支給要件、振込先など)を確認し、返送してください。
※確認書は基準日(令和4年9月30日)に住民登録のある市町村から発送されます。

  • 返送期限 令和5年1月31日(火)
  • 提出書類 確認書・添付書類(詳細は確認書の裏面に記載)

②世帯の中に令和4年1月2日以降に千歳市に転入した方がいる場合、世帯の中に所得を申告していない方がいる場合、または、令和4年1月1日~令和4年9月30日の間に離婚等世帯変動により非課税世帯となった場合

申請が必要です。
必要書類を用意し、給付金受付窓口に郵送または持参にてご提出ください。

 

2.家計急変世帯

申請が必要です。
必要書類を用意し、給付金受付窓口に郵送または持参にてご提出ください。

 

※申請・返送期限を過ぎますと、給付できませんのでご注意ください。

 

申請書類の提出先

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、可能な限り「郵送」での申請をお願いします。

郵送先:〒066-8686
    千歳市東雲町2丁目34番地
    住民税非課税世帯等給付金担当 宛

受付窓口:千歳市役所 第2庁舎 2階 8番窓口

 

本人確認書類について

写真付公的身分証明書の場合は1点、その他の場合は2点
(1点の例)マイナンバーカード、運転免許証、パスポート、顔写真付き住民基本台帳カード、身体障害者手帳、在留カード・特別永住者証明書等
(2点の例)健康保険証、年金手帳、介護保険被保険者証、後期高齢者医療被保険者証等

口座確認書類について

通帳、キャッシュカード等
※金融機関名、支店名(支店コード)、口座番号、口座名義人が確認できる面

 

◎配偶者や親族等からの暴力など(DV)を理由に避難している方へ

 DV等避難者で、市外に住民票があり千歳市に避難中の方については、住民票上の世帯主が既に給付金を受け取っている場合でも、一定の要件(DV保護命令、収入要件など)を満たせば、千歳市から給付金を受給することが出来ます。

≪申請要件≫
1 避難世帯が住民税非課税世帯、または、家計急変世帯
2 配偶者や親族等からの暴力等を理由に避難している世帯
上記の2点を満たす世帯は、必要書類を用意し、給付金受付窓口に郵送または持参にてご提出ください。

~「DV等避難中であることを明らかにできる書類」の例~
 ◎配偶者に対する保護命令決定書
 ◎婦人相談所、配偶者暴力相談支援センター等が発行する証明書
 ◎住民基本台帳閲覧制限等の支援措置の決定通知書
 ◎DV等被害申出受理確認書.pdf (PDF 7.84KB)

お問い合わせ先

「電力・ガス食料品等価格高騰緊急支援給付金」に関するお問い合わせは、
【千歳市非課税世帯等給付金コールセンター】
 電話番号:0120-010-300(通話料無料)
 受付時間:午前8時45分~午後5時15分(土・日・祝日、12月29日から1月3日を除く)

特殊詐欺にご注意ください!!

  • 市区町村や内閣府などが現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることは、絶対にありません。
  • 市区町村や内閣府などが「住民税非課税世帯等給付金」の給付のために、手数料の振込みを求めることは、絶対にありません。

本給付金の制度について

事業概要

 事業の概要につきましては、内閣府のホームページをご確認ください。
 内閣府のホームページ(外部ページに移動します)

お問い合わせ先(内閣府設置)

 内閣府住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金コールセンター
 電話番号:0120-526-145(通話料無料)
 受付時間:午前9時~午後8時(土・日・祝日、12月29日から1月3日を除く)

本給付金に関するQ&A

Q1.もともと年金のみの収入ですが家計急変世帯に該当しますか。

A1:家計急変世帯に対する給付金は、予期せず家計が急変し、減収したにより住民税均等割非課税相当と見なされる世帯が対象です。このため年金のみの収入ということでは、該当しません。

Q2.定年退職により減収となりました。家計急変世帯に該当しますか。

A2:定年退職による減収は、収入がない月があらかじめ明らかであるため該当しません。また、定年退職のほか、年金が支給されない月や事業活動に季節性があるもの等も通常収入が得られない月が明らかにわかるものも該当にはなりません。

Q3.非課税世帯ですが、別世帯の課税者の扶養となっています。給付金は貰えますか。

A3:世帯員全員が、課税者の扶養となっている場合、給付金の対象ではありません。

Q4.令和4年10月1日以降に千歳市に転入してきました。令和4年度非課税世帯ですが、千歳市から書類が届きません。

A4:令和4年9月30日時点で住民登録をしていた市町村でのお手続きになりますので、令和4年9月30日に住民登録をしていた市町村へお問い合わせください。

Q5.令和4年9月30日以前に千歳市に転入してきました。令和4年度非課税世帯ですが、千歳市から確認書が届きません。

A5:令和4年1月1日時点で千歳市に住民登録がない方はこちらで非課税世帯であることが確認できないことから、確認書をお送りしていません。給付を受けるためには、ご自身で申請する必要があります。なお、令和4年度の課税情報により住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(1世帯当たり10万円)を申請し、千歳市から給付を受けている世帯で令和4年6月2日以降9月30日までで世帯員の変動がない世帯には確認書を送付します。

Q6.以前から千歳市に住んでいます。令和4年度非課税世帯に該当すると思いますが、千歳市から確認書が届きません。

A6:世帯員の中に令和3年の所得未申告の方がいる場合、世帯全員の課税状況が確認できないことから、確認書をお送りしていない場合があります。確認書の発送状況については、12月以降「千歳市非課税世帯等給付金コールセンター」にお問い合わせください。

Q7.支給要件確認書が届きましたが、世帯主が死亡しています。どうすれば良いですか。

A7
・単身の世帯主がお亡くなりになった場合、給付の対象外となります。確認書は廃棄してください。
・単身の世帯主が、確認書の返送後にお亡くなりになった場合は、相続の対象となります。記入口座の凍結前であれば記入口座に入金します。
・口座凍結等により入金ができない場合は、相続人の方の口座に入金する手続きが必要です。市役所までお問い合わせください。
・世帯員が残っている場合、新たな世帯主に給付となります。確認書の代理人欄にご記入の上、新たな世帯主の口座の記入をお願いします。

Q8.申請後に世帯主が死亡しました。どうすれば良いですか。

A8:世帯主が、申請後にお亡くなりになった場合は、相続の対象となります。記入口座の凍結前であれば記入口座に入金します。口座凍結等により入金ができない場合は、相続人の方の口座に入金する手続きが必要です。市役所までお問い合わせください。

Q9.住民税非課税世帯として給付を受けましたが、家計急変世帯としても申請できますか。

A9:どちらか一方での給付となるため、申請できません。

Q10.令和4年9月30日以前に離婚し、新たな世帯の世帯主になりました。世帯全員非課税です。確認書は送られてきますか。

A10:離婚日が令和4年1月1日以降の場合、新たな世帯に確認書は届きません。給付を受けるためには令和4年度非課税世帯として申請書を提出してください。

Q11.令和4年10月1日以降に離婚し、新たな世帯の世帯主になりました。世帯全員非課税です。非課税世帯として申請できますか。

A11:離婚日が基準日(令和4年9月30日)より後の場合は非課税世帯としては給付対象となりません。ただし、基準日時点で離婚前の世帯が住民税課税世帯である場合は、家計急変の要件を満たせば、家計急変世帯として申請することができます。

Q12.この給付金はどのような名義で振り込まれますか。

A12:「チトセシヒカゼイキュウフ」です。

Q13.外国人は給付対象者ですか。

A13:令和4年9月30日に住民基本台帳に記録されている外国人は、対象となります。なお、租税条約による課税免除の適用を受けている方については、対象となりません。

Q14.令和4年10月1日以降に入国したもので、予期せず家計が急変し収入が減少となった者は、家計急変世帯として申請できますか。

A14:本給付金は、基準日(令和4年9月30日)において、日本国内のいずれかの市町村の住民基本台帳に記録されている者が対象であるため、申請することはできません。

このページに掲載されている情報の担当部署・お問い合わせ先

お問い合わせは、主幹(住民税非課税世帯等給付金事業担当)へのお問い合わせフォーム(ページが移動します)からお願いします。

カテゴリー

お問い合わせ

主幹(住民税非課税世帯等給付金事業担当)

電話:
0123-24-0523
Fax:
0123-27-3743

公開日: