トップ市民向け生活・環境自然自然令和4年度自然環境監視業務(4月)

令和4年度自然環境監視業務(4月)

4月1日(金)

0401ミズバショウP4011813.JPG(写真をクリックすると拡大表示されます)

春の到来を告げるように、ミズバショウが水面に現れました。湿地や川辺などで生息しています。

 

4月4日(月)

0404フクジュソウP4042066.JPG(写真をクリックすると拡大表示されます)

令和3年度3月末にも写真を掲載したフクジュソウ(有毒)。早春のうちから花を咲かせます。

4月6日(水)

0406ヤマセミP4062267.JPG(写真をクリックすると拡大表示されます)

市の鳥であるヤマセミ。水面の真上の枝に止まっていました。

 

4月11日(月)

0411ミズバショウP4112781.JPG(写真をクリックすると拡大表示されます)

4月1日のミズバショウとは別の場所で撮影。

 

0411ザゼンソウP4112802.JPG(写真をクリックすると拡大表示されます)

ザゼンソウ。赤褐色の部分は、葉の変形した仏炎包(ぶつえんほう)といい、仏炎包内の温度を上げ、雪を溶かして芽を出します。また、独特の臭いを発して虫を集めます。(『北海道の草花2018年版P21ザゼンソウ』の項目、国立研究開発法人・森林総合研究所ホームページ内・ザゼンソウの項目より一部引用)

 

4月13日(水)

0413エゾエンゴサクP4132971.JPG(写真をクリックすると拡大表示されます)

エゾエンゴサクは、中国原産の薬草・延胡索(えんごさく)と似ていることから命名されました。青色、赤紫色、まれに白色の花をつけます。春先に花を咲かせ、若葉が広がる頃には地上部は枯れてなくなり、その後は翌春まで地中の地下茎で過ごす草花です。(『北海道の野の花2005年版P29エゾエンゴサク』の項目より。また、北海道建設部都市環境課ホームページより一部引用)

 

4月21日(木)

0421シロザケP4213804ret.JPG(写真をクリックすると拡大表示されます)

シロザケの稚魚の群れ。川から海へ旅立ち、3~4年を経て生まれ育った川に戻ってきます。

 

4月27日(水)

0427クマゲラ穿孔木P4274462.JPG(写真をクリックすると拡大表示されます)

クマゲラの採餌木が見つかりました。縦52センチ、深さ18センチの大きな掘り跡です。

 

0427アオサギP4274617.JPG(写真をクリックすると拡大表示されます)

0427アオサギその2P4274618.JPG(写真をクリックすると拡大表示されます)

アオサギが餌を探しています。二枚目は水中に首とくちばしを差し込んでいる様子。

カテゴリー

公開日: