トップ千歳市について市政情報新千歳空港とびたて・ちとせ航空賃助成事業を行います

とびたて・ちとせ航空賃助成事業を行います

とびたて・ちとせ航空賃助成事業について

航空機利用を促進し、新千歳空港を応援するため市民の皆さんを対象に航空賃の助成を行います。

助成金額:1人あたり5,000円

助成の対象となる航空機搭乗に対して1人当たり5,000円の航空賃助成を行います。

※予定数(10,000件)に達し次第終了します。

 航空機利用期間(助成対象搭乗期間)

令和4年7月1日金曜日から令和4年9月30日金曜日まで

(助成申請の予約申込期間)

令和4年6月15日水曜日から令和4年9月30日金曜日まで

助成の対象

次の1から4のすべてを満たすこと。

1.助成申請の予約及び航空機利用時点において、千歳市の住民基本台帳に記録されている方
2.航空機利用期間(助成対象搭乗期間)に新千歳空港を出発する航空機を利用する方
3.新千歳空港を出発する航空機の運賃が5,000円以上であるもの。なお、5,000円以上の新千歳空港発着のパッケージツアー等についても対象とします。
4.官公庁職員等の公費出張又は法人等のビジネス出張による利用ではないこと

申込方法 

・利用には助成申請の予約と搭乗後の申請様式の提出が必要です。なお、期間内につき、お一人様1回限りの助成となります。

・助成申請の予約は航空券の予約・購入の前後は問いません。また、助成対象要件を満たしていれば、航空機利用後に申込することもできます。

1.予約する

〈予約サイトからでの予約(推奨)〉

「とびたて・ちとせ」航空賃助成予約専用サイトに必要事項を入力し、受付番号を取得します。

※下記の予約サイトは助成申請に係る受付番号取得のためのものであり、航空券の予約ではありません。

とびたて・ちとせ航空賃助成予約専用サイト https://www.harp.lg.jp/WBrVKPZ2

WBrVKPZ2(決定).gif

※6月17日金曜日20:00 から翌 6:00(最長)はシステムメンテナンスのためご利用いただけません。

〈ハガキでのご予約〉

インターネットでのご予約が難しい方はハガキに必要事項を記入の上、下記担当あてに送付してください。
お申込は先着順となり、ハガキの場合は到着後に受付となります。受付後にお電話にて受付番号及び申請方法等をご連絡させていただきます。

ハガキの記載内容
ハガキ(表面) ハガキ(裏面)

〒066-8686 

千歳市東雲町2丁目34番地

千歳市企画部空港政策課

 

とびたて・ちとせ担当 行

・ 申請者名(漢字・フリガナ)

・ 住所・電話番号

・ 搭乗者名(全員分)

・生年月日(全員分)

・ 搭乗日(予定日

・到着空港

2.航空機を利用する

航空会社や旅行代理店、インターネットなどで航空券を購入し、助成対象期間内に新千歳空港発の航空機を利用します。

3.申請・請求する

航空機利用後30日以内に補助金申請様式に必要な書類を添えて提出してください。(郵送提出を推奨しています)

郵送の場合は、消印の日付を提出日として取り扱います。   

30日後が土日・祝日にあたるときは、その翌日を期限とします。

申請様式:○第1号様式 とびたて・ちとせ航空賃助成事業補助金申請書兼請求書.pdf (PDF 139KB)

〈申請時の必要書類〉

申請時には以下の書類を提出してください。

1.とびたて・ちとせ航空賃助成事業補助金申請書兼請求書

2.本人確認書類の写し(全員分)※種類により、1点又は2点必要となります。

3.航空機の搭乗が確認できる書類(全員分)(搭乗案内・搭乗証明書など)

4.航空賃の支払が確認できる書類(全員分)(領収書、eチケット控えなど)

5.振込先口座の名義人・口座番号のわかる書類(通帳・キャッシュカードの写し)

※    本人確認書類の写しの例                                                                                                                
【1点でよい本人確認書類:顔写真のある面と住所記載面の写し】

    マイナンバーカード(推奨)、運転免許証、住民基本台帳カード(顔写真付)、パスポート、公的機関発行の身分証明書(顔写真付)、在留カード(顔写真付)、身体障害者手帳

【2点必要な本人確認書類】

   健康保険証、住民基本台帳カード(顔写真なし)、年金手帳、社員証、学生証、生活保護受給者証 など

   1点しかない場合、もう1点はキャッシュカード、預(貯)金通帳、診察券等で代用可能です。

申請書提出先

〒066-8686   千歳市東雲町2丁目34番地

千歳市企画部空港政策課   とびたて・ちとせ担当

利用上の注意

・申請及び請求は、原則申請者本人が行いますが、家族旅行などにより、同居親族等がまとめて助成を希望するときは、代表者が一括して申請を行うことができます。

・助成対象者が未成年の場合は、親権者が申請してください。

・助成申請の予約は、助成対象要件を満たしていれば、航空機利用後の申込も可とします。

・助成申請の予約完了後に、予約受付した内容の修正はできません。予約を取り消すときは市役所までご連絡くださいますようお願いします。

また、助成期間内で日程や行先の変更をする場合は、改めて予約する必要はありません。助成の申請をする際、様式に変更後の内容を記載して提出してください。

よくあるご質問

助成申請の予約について

【Q1】助成申請の予約前に航空券を購入してしまったが対象となるか?

【A1】対象期間内に新千歳空港を出発する航空券であれば、購入済みのものも対象となります。

【Q2】手荷物料金を含めなければ5,000円以上とならない。対象となるか?

【A2】手荷物料金のほか、施設使用料、発券手数料など、航空機を利用するために必要な金額が5,000円以上となる場合は対象となります。

【Q3】0歳~3歳の子どもは対象となるか?

【A3】座席を使用せず、無料の場合は対象外です。保護者とは別に席を確保するなど、5,000円以上の航空賃が発生した場合は対象となります。

【Q4】家族分をまとめて助成申請の予約をしたが、○人だけ行かなかった。

【A4】市役所にて、助成申請の予約内容を変更しますので、下記問い合わせ先までご連絡ください。

補助金の申請様式提出時について

(添付書類について)

【Q1】本人確認書類の写しにマイナンバーカードの裏面は必要か?

【A1】マイナンバーカードは、裏面の写しは不要です。

【Q2】本人確認書類の写しに運転免許証の裏面は必要か?

【A2】運転免許証は、現住所の異動の有無を確認するため、裏面の写しも必要になります。

【Q3】子どもの本人確認書類をそろえることができない。

【A3】お子様の場合、マイナンバーカードなど1点で確認できる本人確認書類がない場合は、健康保険証に加え、医療費助成受給者証、母子手帳、診察券等から1点の合わせて2点写しを提出してください。

【Q4】航空機の搭乗が確認できる書類とは?

【A4】搭乗口にて発行されるレシート状の「搭乗案内」や、搭乗後にWEBやカウンターで発行できる「搭乗証明書」にて確認させていただきます。「搭乗券」や「eチケット」は発行後キャンセルが可能なことから確認書類としておりませんのでご留意ください。

【Q5】領収書は原本が必要か?

【A5】原本の提出を基本としますが、領収書を保管する必要があるなどの場合は写しを提出してください。なお、写しを提出いただいた場合は原本を確認させていただくことがあります。

このページに掲載されている情報の担当部署・お問い合わせ先

カテゴリー

公開日: