トップもしものとき防災情報火災予防住宅火災が多発、高齢者3名が死亡しています

住宅火災が多発、高齢者3名が死亡しています

住宅火災の発生について

 市内において住宅火災が相次いで発生、今年に入って既に5件(1月31日現在)となっており、内3件の火災において死者が発生しています。

 

【1月の住宅火災発生状況】

日付 場所 焼損程度 死者 傷者

出火原因(推定)

1月2日(日) 寿3丁目 部分焼 なし 1名 たばこ
1月4日(火) 豊里5丁目 ぼや なし なし こんろ
1月20日(木) 白樺3丁目 部分焼 1名 なし こんろ
1月31日(月) 清流7丁目 全焼 1名 1名 電気配線
1月31日(月) 泉郷 全焼 1名 なし ストーブ

 

住宅における火災予防について

 全国の統計において、住宅火災の多くは、こんろの消し忘れ、たばこの不始末、電気機器に起因するものとなっております。また、住宅火災による死者の7割が65歳以上の高齢者であり、今般の市内3件の火災についても、亡くなった方はいずれも高齢者となっております。

 住宅火災は、ちょっとした油断や慣れから発生します。ストーブの使用など、火災が起こりやすい時季でもありますので、日頃から火災予防を心掛けるとともに、火の取り扱いには十分注意してください。

 

↓↓住宅防火のポイントです。是非、積極的な実践をお願いいたします。↓↓

    住宅防火 いのちを守る 10のポイント.pdf (PDF 314KB)

 

 

カテゴリー

お問い合わせ

消防本部 予防課 予防係

電話:
0123-23-0420(代表)
Fax:
0123-22-8850

公開日: