トップ記事雨水ますに油等を流さないでください!

雨水ますに油等を流さないでください!

河川への油等の流出事故について

道路にある「雨水ます」に、不要になった油等(ガソリン・灯油・エンジンオイル・食用油・ペンキなど)を流すと、下水道管の中を通って河川に流出し、水質汚濁の原因や生物に影響を与えるなど、重大な環境汚染を引き起こすほか、上水道や農業の水利用が出来なくなるなど、私たちの生活に重大な悪影響を与えるおそれがあります。

油の除去(オイルフェンスやオイル吸着ロープ・マットの設置)や清掃などに要した費用は、原因者が負担しなければなりません。

油を捨てた雨水桝.JPG
油を流された雨水ます
雨水桝清掃状況.JPG
雨水ますの清掃状況
河川吐口から流れる油.JPG
河川吐口から油が流れる状況
河川に流れる油.JPG
河川に油が流れる状況
オイル吸着ロープ・マットの設置.JPG
河川への油の流出を防ぐため、オイル吸着ロープ・マットを設置

水質事故を防ぐために

  • 「雨水ます」は降った雨を河川に放流するための施設です。不要になった油等を安易に「雨水ます」に捨てることはやめましょう。
  • 油等は必要な分だけ購入して、残さず使い切りましょう。
  • 不要になった場合は、ボロ布や新聞紙などに染み込ませるなどして、廃棄物として適正に処分しましょう。
  • 屋外の灯油タンクなどの貯油施設や、ペンキ容器などの置き場は、日常的に点検や安全確認をして、油が流れないことを確認しましょう。

 

 

カテゴリー

公開日: