トップ記事「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界文化遺産登録について

「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界文化遺産登録について

 令和3年7月27日(火曜日)の世界遺産委員会におきまして、キウス周堤墓群を構成資産の一つとする「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界文化遺産登録が正式に決定いたしました。

 これまでご協力いただきました市民の皆様、並びに関係者の皆様へ深くお礼申し上げます。

 千歳市では、今後も国や縄文遺跡群世界遺産登録推進本部、関係自治体との連携を図りながら、「キウス周堤墓群」の保護・保存を進めてまいります。引き続き皆様のご協力をお願いいたします。

 

世界文化遺産登録に係る市長コメント

 ただいま、第44回世界遺産委員会拡大会合において、国指定史跡キウス周堤墓群を構成資産の一つとする「北海道・北東北の縄文遺跡群」が、世界遺産一覧表に記載されることが決定いたしました。

 決定の瞬間を、長きにわたり史跡の保護や環境保全、普及活動に精力的に御協力いただきました、「キウス周堤墓群を守り活かす会」や「中央連合会」、「千歳文化財保護協会」など関係団体の皆様をはじめ、世界文化遺産登録に向けて応援いただきました市民の皆様とともに視聴し、喜びを分かち合えたことを本当にうれしく思っております。

 世界文化遺産までの道のりは、決して平坦なものではありませんでしたが、本日登録の日を迎えられましたのは、関係者の皆様の御尽力はもとより、市民の皆様の御理解、御支援の賜物と、心から感謝を申し上げます。

 世界の宝となりました「キウス周堤墓群」を、市民の皆様をはじめ多くの方々に御覧いただき、価値や魅力に触れることにより、理解を深めていただきたいと考えております。

 今後も、継続して国や縄文遺跡群世界遺産登録推進本部、関係自治体と連携し、「キウス周堤墓群」の保護・保存を図るとともに、「キウス周堤墓群」を訪れる方々に感動を与え、活力と魅力あふれる地域づくりを目指し、しっかりと取組を進めてまいります。

 

                             令和3年7月27日 千歳市長 山口 幸太郎

 

カテゴリー

公開日: