トップ記事凍結路面での転倒にご注意ください

凍結路面での転倒にご注意ください

凍結路面での転倒に注意!!

 千歳市内は、気温の寒暖差などにより、路面が凍結し、大変滑りやすくなっています。

 転倒により、大きな怪我につながる可能性がありますので、ご注意ください。

砂箱の砂をご活用ください

 すべり止め材(砂)の入った砂箱は、自由に散布できるよう、交差点付近などに設けています。

 道路パトロールなどの際には、随時砂の補充を行っておりますが、不足している場合は担当までご連絡

 ください。

 

IMG_3812.JPG

 ↑交差点付近に設置している砂箱

 【お問い合わせ先】

 千歳市環境整備事業協同組合  ☎24-1377

 千歳市建設部道路管理課維持係 ☎24-3131(内線349・350・876)

滑りやすい場所はどんなところ?

 1.人や車の通行量が多い場所

  ・横断歩道、車が通過する歩道、日陰の場所

  ・建物の屋内に入る場所、建物から出てすぐの場所

 2.傾斜のある場所

  ・スロープ、坂道、橋、歩道橋、歩道や道路の傾斜部分

   (体のバランスがとりにくく、凍結している場所があり転倒の危険)

滑りやすい日はどんなとき?

 ・凍結路面の上に雪が積もった日

 ・日中、雪が解け、夜に気温が下がる日

 ・日中、雨が降り、雪が解けた日の夜に気温が下がる日

 上記の場合、凍結路面となる可能性が高いため、特にご注意ください。 

転倒を予防するためのポイント

 1.小さい歩幅で、急がず、ゆっくり歩く

    大きな歩幅は重心の移動が大きく、バランスを崩しやすいです。小さな歩幅で重心を前に置き、足の裏全

    体をつくように歩くのも有効です。

    また、急いで歩くとスピードが出て転びやすくなり、転倒した際の衝撃が大きくなります。

 2.携帯電話やスマートフォンに気を取られない

    電話や画面に気を取られると、凍結路面に気付かず転倒のリスクが高くなります。

 3.両手をふさがない

    ポケットに両手を入れたり、手に荷物を持つと、バランスが取りにくく、とっさの際に身を守れなくなり

    ます。

 4.帽子や手袋を身に着ける

    転倒した際に、固い路面の衝撃から、いくらかでも身を守ります。

カテゴリー

お問い合わせ

道路管理課

電話:
24-0406

公開日: