トップもしものとき防災情報火災予防自動火災報知設備の作動時の対応について

自動火災報知設備の作動時の対応について

地震による停電の影響で、自動火災報知設備が作動することがあります。

自動火災報知設備が作動したら、まず受信機で発報箇所を確認してください。火災の場合は、直ちに119番へ通報してください。
火災でない場合は、管理会社等に対応を相談してください。

また、停電になった場合、自動火災報知設備の電源が常用電源から予備電源に切り替わり警戒が継続されますが、予備電源に切り替わった場合や予備電源の容量が不足している場合等に、受信機から火災発生を知らせる警報音とは別に、異常を知らせる警報音が発せられます。

予備電源の異常を知らせる警報音が発せられた場合は、早急に点検を実施するとともに、予備電源の改修を行う等、適切な対応をしてください。

カテゴリー

公開日: