トップ市民向け生活・環境自然秋の七条大滝自然観察会 結果

秋の七条大滝自然観察会 結果

秋の七条大滝自然観察会 結果

10月11日(日)に開催した「秋の七条大滝自然観察会」は、好天に恵まれ、無事終了いたしました! 参加者の皆様にはこの場を借りて御礼申し上げます。
また、環境省、パークボランティアの皆さんにおかれましては、観察会の円滑な進行にご協力いただきましたことに感謝申し上げます。

 

観察会の様子を紹介いたします。

集合DSCN5770.JPG(写真をクリックすると拡大表示されます)

双眼鏡DSCN5775.JPG(写真をクリックすると拡大表示されます)

丸山大滝駐車帯にて。パークボランティアの皆さんによる、これからの行程の説明がありました。次に双眼鏡の使い方を解説。早速使い方を試しています。
また、危険生物としてスズメバチの解説をした直後、サイクリングロード上で本物のオオスズメバチが出現! これには驚きでした!

 

道中DSCN5787.JPG(写真をクリックすると拡大表示されます)

説明DSCN5786.JPG(写真をクリックすると拡大表示されます)

(上)七条大滝へ続く林道へ。道中、山野の動植物についてパークボランティアの皆さんによる解説がありました。
(下)参加者はパークボランティアの方の周りに集まり、熱心に植物の話を聞いています。これは「コウライテンナンショウ」という有毒植物。別名をマムシグサともいいます。茎に紫褐色のまだら模様があることから、毒ヘビのマムシの肌に見立てられての命名です。

 

七条大滝DSCN5810.JPG(写真をクリックすると拡大表示されます)

大滝2DSCN5812.JPG(写真をクリックすると拡大表示されます)

七条大滝へ到着しました。この水は苫小牧市の水源の一部となっています。
当日は足元が悪く、安全確保のために階段の途中までしか降りられませんでした。2グループに分かれて滝を観察し、荒々しい滝の迫力と流れる水の清さにしばらく感動。豊かな自然の作り出した造形美を思います。冬には凍結した滝を見学に、多くの観光客が訪れるようです。
滝のスケッチをアンケート用紙の余白に残された方も。ありがとうございます!

 

サイクリングロードDSCN5823.JPG(写真をクリックすると拡大表示されます)

弓DSCN5827.JPG(写真をクリックすると拡大表示されます)

(上)サイクリングロード沿いの、枯れかけていたオオイタドリの説明。往路ではこの付近にオオスズメバチが……。復路では姿が見えなくなっていました。
(下)今回、特別にパークボランティアの方によってアイヌ民族の弓の説明がありました。弓は主に狩猟に使っていたそうです。ヒグマなどの大型動物を狩るときには、秘伝の方法で練り上げた毒を塗るとか。
なお、この後サプライズで、パークボランティアの方による楽器演奏も。最後は、環境省、パークボランティアの皆さんに手を振ってお見送りいただきました。

 

参加いただきました皆様も、その他の皆様もぜひ次回行事への参加をご検討くださいますよう、お願い申し上げます。また、行事案内につきましては市広報等で周知いたします。


 


 

カテゴリー

公開日: