みんなで生き生き活力創造都市

千歳市
City of Chitose

北海道千歳市公式ホームページ
- City of Chitose

サイトマップ
ホーム市政情報施策・計画男女共同参画推進平成20年度男女共同参画推進の取組

平成20年度男女共同参画推進の取組

「ちとせ男女共同参画月間」事業報告

  我が国では、平成11年6月23日に男女共同参画社会基本法が公布・施行されたことに伴い、6月23日から29日までの1週間を「男女共同参画週間」と定められています。

  また、千歳市では、6月を「ちとせ男女共同参画月間」として、男女共同参画社会の形成に向けた取り組みを市民協働で行っています。

ちとせ男女共同参画月間キャラバン

  とき  :  平成20年6月10日  火曜日

  ところ  :  市内大型店ほか

       ちとせ男女共同参画月間キャラバン1    ちとせ男女共同参画月間キャラバン2

    男女共同参画に関する取組みにご協力いただいている女性団体、ちとせ男女共同参画推進スタッフが市内の大型店でチラシ等を配布し、男女共同参画意識について市民に理解をいただくための啓発活動を行いました。

 

市制施行50周年記念・ちとせ男女共同参画月間事業講演会

  とき  :  平成20年6月22日  日曜日  10時30分から12時
  ところ  :  市民文化センター  2階中ホール
  講師  :  精神科医  香山  リカ  氏
  演題  :  「現代に生きる女(ひと)と男(ひと)」  

  参加者  :  412名

        講演会1     講演会2

  香山先生は、診察室に来られる人たちの話しを中心に『世の中が豊かに進歩していく過程で、人は自分らしさや生きがいを求め、他の人にはできないことをしたいと思うようになる。しかし、思うように実現できないという葛藤を抱え、今、ちょうど苦しい時期にきている。また、人生に対して100点を目指しているようなところがあり、ミスや休むことも認められない世の中になっている。大学が6割で単位がとれるように人生も6割できれば、「よくやった。これでいいじゃない。」と自分で自分を褒めること、社会もそれを認められるようなゆとりが必要である。』と話されました。

各種事業

男の料理教室

男女共同参画体験  男子も厨房に入ろう!

~フライパンで和食をつくろう!!~

とき        :  平成20年9月27日  土曜日  10時から13時

ところ      :  千歳市民文化センター  2階  調理室

メニュー  :  さんまの味噌煮、きんぴらごぼう、小松菜のおひたし、かき玉汁、

                 長いものたたき、黒米ご飯

参加者    :  20名  

     男の料理教室1    男の料理教室2

      男の料理教室3     男の料理教室4

  千歳市食生活改善協議会さんのご指導により、フライパンで手軽につくれる旬の食材を使った和食に挑戦しました。常連の方も初めて参加された方も熱心にごぼうの下処理やさんまも上手にさばき、味付けから盛りつけまでを体験しました。

  野菜のソムリエの資格をお持ちの千歳市食生活改善協議会の栗田幸江会長が選んでいただいた、野菜の詰め合わせとレシピをお土産として、皆さんにお持ち帰りいただきました。また、ご自宅で新しいメニューに挑戦してみてください。

 

【参加者の感想】

  これまで何度か男の料理教室に参加しましたが、今回はフライパンを使った和食ということでとても楽しみにしていました。講師に何度も聞きながらできあがった料理を格別美味しく味わうことができ、我が家でも是非挑戦したいと思います。

「女性に対する暴力をなくす運動」週間講演会

  とき  :  平成20年11月16日  日曜日  13時30分から15時
  ところ  :  市民文化センター  4階大会議室
  講師  :  ウインコーチ  代表  須磨  展子  氏

  演題  :  「男の言い分  女の言い分」  

                ~多様性を認めあうコミュニケーション~

  参加者  :  128名

    「女性に対する暴力をなくす運動」週間講演会1  「女性に対する暴力をなくす運動」週間講演会2

    「女性に対する暴力をなくす運動」週間講演会3  「女性に対する暴力をなくす運動」週間講演会4

   講演は、「後出しじゃんけん  負けるが勝ちよ」のじゃんけんゲームで、頭で分かっていても行動に表せないことを実際に体験することから始まりました。

  須磨代表は、男性と女性の脳の構造の違いにより、思考パターンや行動パーターンがそれぞれ違うことを説明。頭で分かっていても、固定観念や先入観などで様々な人間関係のトラブルが起こったりすることがある。相手の立場を考え、誤解のないように伝えること、誤解のないように確認することが重要。また、男性と女性は、体力的にも肉体的にも違う、同じ事を目指すのが男女平等とは一概に言えない。一人ひとりを見ていくことが大切であり、それが多様性を認めることである。

  コミュニケーションのスキルアップとしては、相手の言いたいことを心を込めて聴く、良いところを見て言葉にして伝えることが大切。「ありがとう」と感謝の気持ちを忘れず過ごしていくことで、私たちの生活がより良くなるのではないかと話されました。

 2009年男女共同参画ちとせ新春のつどい

   とき  :  平成21年2月3日  火曜日  11時30分から13時30分
  ところ  :  ANAクラウンプラザホテル千歳
  
参加者  :  153名  

     2009年男女共同参画ちとせ新春のつどい1    2009年男女共同参画ちとせ新春のつどい2

      2009年男女共同参画ちとせ新春のつどい3     2009年男女共同参画ちとせ新春のつどい4

      2009年男女共同参画ちとせ新春のつどい5     2009年男女共同参画ちとせ新春のつどい6

  男女共同参画意識の高揚を図るため、女性団体を中心に市民の皆さんとの交流を深めながら、楽しい一時を過ごしました。

  「南京玉すだれ」「ハーモニカ演奏」「合唱」などのアトラクションのほか女性団体等の活動を紹介するパネルや作品の展示も行いました。

男の料理教室

プロの料理人から学ぶ

~酒の肴(さかな)になる御晩菜(おばんさい)~

とき        :  2月28日  土曜日  10時から13時30分

ところ      :  千歳市総合福祉センター  3階  調理教室

講師      :   (社)北海道全調理師会  千歳支部

                  理事  白戸  久夫  氏

メニュー  :  ぶり大根、牛肉のたたき(マリネ風)、イカとワケギの辛子酢味噌和え、

                 天ぷら茶漬け

参加者    :  20名  

    男の料理教室5      男の料理教室6

    男の料理教室7    男の料理教室8

    男の料理教室9    男の料理教室10

  今回は、プロの料理人を講師にお招きし、これまでの家庭料理から趣向を変え、酒の肴にもなり、ご飯にも合うレベルアップした和食にチャレンジしました。

  白戸講師の見事な包丁さばきや天ぷらのエビを揚げるテクニックなどを間近に見て、参加者の皆さんは驚いたり感心したり。限られた時間の中で班ごとに協力しながら4品を調理しました。

  「ビール持参で参加したいです。(笑)  」と、申し込まれた方がいらしゃいましたが、お酒があればできあがった料理も格別で満足度もさらにアップしたかもしれませんね。今度は、是非ご家庭で酒の肴としてチャレンジしてみてください。

  「早々家庭でも妻につくって食べてもらいたい。」、「楽しかった。また参加したい。きっと妻も喜ぶでしょう。」と、とても嬉しい感想もいただきました。

このページに掲載されている情報の担当部署・お問い合わせ先

カテゴリー