みんなで生き生き活力創造都市

千歳市
City of Chitose

北海道千歳市公式ホームページ
- City of Chitose

サイトマップ
ホームくらし健康・福祉障がい者福祉軽度・中等度難聴児補聴器購入費等助成事業について

軽度・中等度難聴児補聴器購入費等助成事業について

軽度・中等度難聴児補聴器購入費等助成事業について

身体障害者手帳の交付対象とならない軽度・中等度の難聴がある児童の言語の習得や教育等における健全な発達を支援するため、補聴器の購入にかかる費用等の一部を助成します。

1  対象となる方

  千歳市内に住んでいる18歳未満の方で、次の要件をすべて満たすこと

(1)両耳の聴力レベルが30デシベル以上で、聴覚障がいによる身体障害者手帳の交付対象とならないこと

(2)一時的な聴力低下ではなく、治療により聴力が回復する見込みがないこと

(3)医師の判断により、補聴器の装用で言語の習得等一定の効果が期待できること

(4)市民税所得割額が46万円以上の方が、同一世帯にいないこと

(5)法令に基づく給付等により、本事業の助成に相当する給付が受けられないこと

2  助成内容

(1)補聴器の購入又は修理に要する額

(2)基準(※)に定める「高度難聴用耳かけ型補聴器」の購入又は修理基準額100分の104.8に相当する額

(1)と(2)のいずれか低い額の3分の2(10円未満切捨て)を助成します。

基準(※):障害者総合支援法に基づく、補装具の種目、購入又は修理に要する費用の額の算定等に関する基準(平成18年9月29日厚生労働省告示第528号)

3  手続き等

助成を希望する場合は、事前にご相談してください。「申請書」や「意見書」など必要な書類をお渡しします。

※補聴器の購入をした後の申請は、受付できませんのでご注意願います。

(1)手続きに必要なもの(申請書類等)

      申請書、意見書、見積書(任意の様式)、市民税所得割が証明できる書類、印鑑

(2)助成の決定

      申請書類等の内容を審査し、助成の決定をしたときは、申請者に「決定通知書」と「補聴器購入費等助成券」を送付します。

(3)補聴器の購入等

      見積書を作成した補聴器販売店で補聴器の購入又は修理を行い、かかった費用を支払います。

(4)請求について

      請求書や補聴器購入費等助成券など必要な書類を添えて、助成額を請求します。

(5)補聴器の買い替え

      この事業で補聴器の購入又は修理後、5年以上経過したのちに買い替えが必要となった場合は、申請することができます。

(6)その他

      ご不明な点があれば、お問い合わせください。

            

 

 

 

 

 

 

 

 

このページに掲載されている情報の担当部署・お問い合わせ先

カテゴリー