トップ市民向け生活・環境道路・河川令和2年度千歳市生活道路路面調査結果

令和2年度千歳市生活道路路面調査結果

1 生活道路路面調査の背景と目的

   生活道路は、市民生活に密着していることから、高齢者や障がいのある方、児童生徒など、交通弱者も安心して歩ける、安全性・快適性・利便性に優れた整備が必要です。また、第7期総合計画では、主要施策の一つとして「安全で快適な市道の整備」を掲げています。

   本市の生活道路は、昭和50年代に、当時の基準である「舗装厚さ50cm以下」で整備したことなどにより、特に凍上の影響を大きく受け、舗装の損傷が著しい状況です。

   本調査は、老朽化の進む生活道路の改良整備を、現状に即して実施する基礎資料とするため、3年ごとに市街地の全ての生活道路を対象として行っています。

 

2 調査結果

(1)調査方法

   調査の方法は、市職員が生活道路の路面状況について、ひび割れ、わだち掘れ、 平坦性等の状況を目視にて5段階評価により判定しています。

 

レベル1  問題なし
レベル2 「ひび割れ」、「わだち掘れ」、「平坦性の低下」等が認められるが、 道路機能としては問題なし
レベル3 「ひび割れ」、「わだち掘れ」、「平坦性の低下」等が認められる
レベル4レベル4 「ひび割れ」、「わだち掘れ」、「平坦性の低下」等に加え、構造的破壊が認められる「ひび割れ」、「わだち掘れ」、「平坦性の低下」等に加え、構造的破壊が認められる
レベル5 「ひび割れ」、「わだち掘れ」、「平坦性の低下」等が著しく、構造的破壊が全面的に認められる

   整備が必要なレベルは、レベル3からレベル5です。

 

各レベルにおける劣化状況のイメージ.pdf (PDF 3.63MB)

 

(2)調査期間

   令和2年4月30日~5月26日

 

(3)調査結果

   調査延長365.4km 前回365.4km(増減なし)

<整備が必要な延長>
レベル 3 29.3km    前回 28.1km (増減 +1.2km)
レベル 4 4.5km     〃 5.5km ( 〃 -1.0km)
レベル 5 1.2km     〃 1.6km ( 〃 -0.4km)
合計 35.0km     〃 35.2km ( 〃 -0.2km)
<現時点で整備が必要でない延長>
レベル 1,2 330.4km 前回 330.2km (増減

+0.2km)

 

R2路面調査結果(優先度・レベル図)(A3版).pdf (PDF 2.1MB)

 

 道路整備は、路面調査結果、交通量、通学路、家屋の連担状況などを総合的に検討し、順次行っていきます。

カテゴリー

公開日: