トップ市民向け生活・環境くらしの相談人権新型コロナウイルス感染症に関連して~差別や偏見をなくしましょう~

新型コロナウイルス感染症に関連して~差別や偏見をなくしましょう~

市民の皆様へ

 

新型コロナウイルス感染症の感染が拡大する中、感染した方々、医療従事者の方々、生活物資の輸送など社会機能の維持に貢献してくださっている方々やそのご家族、外国人の方などが、いわれのないいじめや差別的な扱いを受け、心を痛めています。

感染した方々やその家族などに対する不当な差別や偏見、いじめ、誹謗中傷などが行われると、感染を疑われる症状が出ても、検査のための受診や保健所への正確な行動歴や接触者の情報提供をためらってしまうなど、感染拡大防止に支障が出る恐れがあります。

また、医療や介護に従事されている方々は、市民の命や生活を守るため、日々懸命にコロナウイルス感染症に立ち向かっています。

こうした方々やそのご家族が、職場や社会から不当な差別や偏見、いじめ、誹謗中傷を受けることは、決してあってはならないものです。

新型コロナウイルスに関する情報の中には、不確かな情報や事実と異なる情報もあります。

こうした情報をむやみに拡散することなく、国や自治体が発信する情報を確認いただくとともに、人権に配慮した冷静な行動をとっていただくようお願いします。

 

千歳市長 山口 幸太郎

 

みんなで広げよう!シトラスリボンプロジェクト

シトラスリボンプロジェクトは、コロナ禍で生まれた差別、偏見を耳にした愛媛県の有志グループ「ちょびっと19+」が進めるプロジェクトです。

愛媛特産の柑橘にちなんだシトラス色のリボンや専用ロゴで表現する3つの輪は、「地域」「家庭」「職場(もしくは学校)」です。

誰もが新型コロナウイルス感染症に感染するリスクがある中、たとえ感染しても笑顔の暮らしを取り戻せる社会に。

感染が確認された方々や医療従事者をはじめとするエッセンシャルワーカーの方々が、それぞれの暮らしの場所で「ただいま」「おかえり」と心から言い合えるまちでありますように。

 

千歳市は、「シトラスリボンプロジェクト」に賛同し、誰もが暮らしやすい社会を目指します。

logo_footer.png

シトラスリボンプロジェクト公式サイト (クリックするとページを移動します。)

 

千歳で広げよう!シトラスリボンプロジェクト

シトラスリボンプロジェクトに賛同した市民活動をご紹介します。

千歳北陽高校「福祉と手話の授業選択クラス」の皆さんと「大人の折り紙サロン」の皆さん

千歳北陽高校の福祉と手話の授業選択クラスの皆さんと、大人の折り紙サロンの参加者さんが、シトラスリボンプロジェクトに賛同し、その運動を広めるためにシトラスリボンを製作しました。

医療機関や公共施設にリボンを配布しています。配布先の医療機関等は、シトラスリボンプロジェクト~コロナの偏見・差別をなくそう! (クリックすると千歳市社会福祉協議会ホームページ移動します。)をご確認ください。

市役所第2庁舎1階掲示板(入口すぐのところ)には、青色で医療従事者への感謝の気持ち、黄緑色(シトラスカラー)でコロナウイルスに感染された方への支援の気持ちを表現した壁画とシトラスリボンを掲示しています。

プロジェクトに賛同いただける方は、リボンを手に取って着用してくださいね。

第2庁舎1階掲示板.jpg 第2庁舎1階入り口.JPG 

北海道社交飲食生活衛生同業組合札幌地区本部 千歳支部の皆さん

北海道社交飲食生活衛生同業組合札幌地方本部千歳支部(会員数76名)の皆さんが、シトラスリボンプロジェクトに賛同し、その運動を広げるため、組合員各店舗に啓発ポスターを掲示しています。

今後、店内でシトラスリボンの配布も行う予定です。

ポスター掲示1.jpgポスター掲示2.jpgポスター掲示3.jpgポスター掲示4.jpgポスター掲示5.jpg 

 

差別や偏見などが新型コロナウイルスの感染拡大防止にもたらす悪影響

日本赤十字社が、差別や偏見等が新型コロナウイルスの感染拡大防止にもたらす悪影響について、発信しています。

ご家庭やともだち、勤務先などで、ぜひご覧ください。

日本赤十字社では、動画も作成しています。

困ったときは、ひとりで悩まず、相談してください

新型インフルエンザ等対策特別措置法等を一部改正する法律の施行(令和3年2月13日)により、新型コロナウイルス感染症に感染された方やその家族、医療従事者等の人権が尊重され、差別的な取扱いを受けることのないよう、偏見や差別を防止する規定が設けられました。

  • 感染したことを理由に解雇された。
  • 回復しているのに出社を拒否された。
  • 勤務先の病院で感染者が発生したことを理由に、子どもの保育園等の利用を拒否された。
  • 学校で感染者が発生したことを理由に、通学する学生やその家族すべてに対し店の利用を拒否された。
  • 名前や行動が特定されてSNS等で公表、非難された。
  • 無症状で訪れた店舗から謝罪や賠償を強要された。
  • 同居する家族の通学先で感染者が発生していることを知った隣人から「菌をまき散らすな」などと差別的な言動を受けた。

これらは、国や北海道の相談窓口に実際に寄せられた相談事例です。こうした偏見や差別は決して許されるものではありません。ひとりで悩まずに相談してください。

 

北海道新型コロナウイルス人権相談窓口

北海道では、新型コロナウイルス感染症が拡大していく中、感染された方々やそのご家族、医療・介護従事者等いわれのない偏見や差別などの被害にあった方からの人権相談を受け付けています。

  • 電話またはメールにより相談を受け付けます。
  • 011-206-1497
  • 受付時間:平日の午前9時から午後5時まで
  • メール:cov.jinken@pref.hokkaido.lg.jp

詳しくは、北海道ホームページ:新型コロナウイルス感染症に関連した人権への配慮について(クリックするとページを移動します。)をご確認ください。

 

法務省人権相談窓口

法務省人権擁護機関では、新型コロナウイルス感染症に関連する不当な差別、偏見、いじめなどの被害にあった方からの人権相談を受け付けています。

法務省バナー.png

 

インターネット人権相談
  • 様々な人権問題に対し、インターネットにより相談を受け付けています。
  • 専用の相談フォームに必要事項を入力して送信していただくと、最寄りの法務局・地方法務局に相談に関する情報が送信されます。後日、メール・電話等により回答します。
  • おとな向けこども向け・外国語(英語版中国語版)があります。(クリックするとページを移動します)

 

みんなの人権110番(全国共通人権相談ダイヤル)
  • 0570-003-110
  • 様々な人権問題の電話による相談窓口です。
  • 受付時間:平日の午前8時30分から午後5時15分まで

 

外国語人権相談ダイヤル
  • 0570-090-911
  • 外国人のための電話による相談窓口です。
  • 受付時間:平日の午前9時から午後5時まで

 

その他の相談窓口

 

関連リンク

国においても、新型コロナウイルス感染症に関連する不当な差別や偏見について、発信しています。

法務省バナー.png

カテゴリー

公開日: